physical conditioning center ACT

トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院
身体にあわせた施術を提供しています。

physical conditioning center ACT

HOME ≫ ブログ

ブログ

枚方陸上競技場練習

★★お知らせ★★
     10月1日(土)2日(日)は研修参加のため休診日とさせて頂きます。
 
 
 
昨日、来週末に最後の大会を控える中学生を連れて、枚方の陸上競技場に練習に行ってきました。
 
夏場であれば学校が終わってからでも万博や服部緑地の競技場での練習も可能なのですが、今の時期ナイターでタータンが使えるのは枚方競技場だけなんです。
 
距離的に少し時間がかかるのがネックですが、普段練習を行っている吹田市総合運動場が土のトラックなので、試合と同じ環境のタータンで走る練習は必要だと考えています。
 
タータントラックでは地面がゴム素材なので、地面を蹴るよりも弾むような動きが重要視されてきます。
土のトラックでは、タータンに比べ反発が生まれにくいので、蹴る走りの選手の方がスピードが出やすい可能性もあります。
 
土トラックでは速く走れるのに、タータンの試合になると普段勝っている選手に負けてしまう選手は、フォームがタータントラックに適合出来ていない可能性があります。
 
これは、土トラックとタータントラックだけでなく、外を走るロードでも差が出ます。
 
長距離選手ですと、冬場の駅伝、ロードレースになると無類の強さを発揮する選手には心理的な要因も、もちろんですが、フォームの適正もあると思います。
 
これを「適正だから、得意なフィールドで戦おう。」という言い方をすることも出来ますが、個人的には季節によってフォームを適応出来る選手になって欲しいと思います。
 
大きくフォームを変えるわけではなく、若干の接地の位置や、力を加えるタイミングを変えることで適応可能です。
 
ロードは得意だけど、トラック種目は苦手。
そんな選手は是非ともフォームの見直しを行ってみてください。
 
自分の主観だけでの変更は難しいので、指導者の方の指示の下行う事をオススメします。
 
もちろん当院でもパーソナルトレーニング、チーム練習にてフォーム指導を行っております。
 
代表平井が指導している陸上チームに関して最近問い合わせをいただくことが増えていますので、現在専用のHPを作成中です。
しばしお待ち下さい。
会員は随時募集中ですので、興味のある方は気軽に問い合わせください。
 
ACTは本気で高みを目指す全てのアスリートを応援しています。
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

 
 

コメント

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTモバイルサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!