physical conditioning center ACT

土日祝日も21時まで開院
トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院


physical conditioning center ACT

HOME ≫ ブログ

ブログ

練習の量と質はどちらを重視していけばいいのか、お答えします。

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

最近、練習メニューの相談を受けることが増えてきましたが、その際に必ず受ける質問が「練習は量と質どちらが大切ですか?」というもの
 
今日は陸上競技の練習における練習は量と質どちらを重視するべきか?ということについて書いていきます。
 
考えるべきことは
・量とは何か
・質とは何か
・自分たちが求めるものは何なのか
ということです。
 
一つずつ考えていってみましょう。
 
・量とは何か
陸上競技でいう量とはすなわち「走った距離」ですね。
 
・質とは何か
ここについては様々な意見があるとは思いますが、一般的には「スピード」を質といっていることが多いように感じます。
 
次に考えるのは「練習の中身」です。
これ自体を「質」と言ってしまうこともできますが、ここでは分けて考えるために、「練習の負荷」という言い方をします。
 
練習の負荷は、量が上がっても、質が上がっても負荷は上がります。
 
例えば200m×5本 レスト5分 ペース27秒 という練習を想定します。
ここで、量を増やし負荷を上げる。となると、200m×6本もしくは300m×5本になりますかね。
質を上げて負荷を上げる。となると、ペース26.5秒になりますね。
どちらも練習の負荷が上がっています。
もっと言えば、レストを短くする。というのでも負荷は上がりますね。
 
では、どちらがいいのか。
 
これは、何を鍛えたいのか?によります。
当たり前ですが。
 
雑な言い方で表現するのであれば(本来は使いたくない表現ですが)、量を増やすと広い意味でのスタミナが付き、質を上げると広い意味でのスピードが付くと言えるでしょう。
本当はもっと細かく考える必要がありますが…
 
年間計画を考える中で、スタミナをしっかりつける時期もあるでしょうし、スピードをしっかり出していく必要がある時期もあると思います。
それぞれの練習意図(こういう能力を鍛えたい)が先にあって、そしてメニューが決まるべきです。
 
しかし、各種目ごとに量質ともに限度というものはあると思います。
 
例えば200m21秒台を目指す選手がいくらスタミナを付けるといっても200m30秒のペースでで本数を重ねるのは合理的ではないと思いますし、マラソン選手がやるような3000mのインターバルを行うのも合理的とはいえないと思います。
 
練習は量か質かを考える前に、まず考えるべきなのは「何を強化するための練習なのか」ですよね。
 
何のために練習をするのか。
何を鍛えるために練習をするのか。
そこを鍛えるためにはどのような負荷をかける必要があるのか。
そして、今の自分の能力を考えたときに、どれだけの負荷をかける必要があるのか。1週間・1ヶ月のスケジュールを考えたときに、怪我のリスクを出来るだけ下げて、なおかつ出来るだけ効果的な負荷をかけるには…ということを考えて、負荷を決定する必要があります。
 
今の自分が求めるものは何なのか、未来の自分が目標を達成するために必要なものは何なのか。
その能力を鍛えるために、量を重視して負荷をかける練習が必要なのか、質を重視して負荷をかける練習が必要なのか。が必然的に決まってくると思います。
なので、量が大切か、質が大切かを最初に考えるのはおかしい。というのが結論になります。
 
納得いただけると幸いです。
なにか質問やツッコミがありましたら、お気軽に問い合わせフォームよりご連絡いただければと思います。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

 

コメント

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTモバイルサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!