physical conditioning center ACT

トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院
身体にあわせた施術を提供しています。

physical conditioning center ACT

HOME ≫ ブログ

ブログ

シーズン初戦で上手く走れなかったときに考えるべきこと。

0000453491.jpg
こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

気がつけば三連休も最終日ですね。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。
 
私は土曜日は万博にて中学生の長距離記録会
日曜日は高校生の1地区記録会
今日は午前中に総合運動場で練習と、トラックシーズンの訪れを猛烈に感じる3連休となっています。
 
もちろん、治療業務もバリバリ行わせていただいていますよ!
 
2日間試合を見て、やはりシーズンの始め方、入り方はそれぞれなんだなぁと感じることが多かったです。
 
中学生ですとトラックシーズンの最高到達地点は夏休みに行われる全中になります。
その全中に参加するには、7月頭の通信大会もしくは7月末の選手権大会のどちらかで、全中の参加標準記録を突破する必要があります。(大阪の場合)
そして、その通信大会、選手権大会に出場するためには、通信は6月15日までに参加標準記録を突破する必要があります。
選手権は5月末〜6月頭に開催される各地区の予選を勝ち抜く必要があります。
 
いわゆる冬季のシーズンが終わりトラックシーズンが始まったばかりだと、なかなか初戦から100%の仕上がりという選手はいませんが、どこに100%を持ってくるのか?というのは非常に大切な考えだと思います。
 
上記の例でいきますと、通信大会・選手権大会へ参加することを最大の目標としている選手は、5月末には100%に状態を仕上げておく必要があります。
しかし、全中の決勝で戦う事が目標で、そこまでは全て通過点。という選手はまだまだ60〜70%の状態でも良いのだと思います。
むしろ早いうちから調子が上がりすぎてしまうと、大切な試合の時に上手く走れない可能性すらあります。
 
そう考えると、この時期にはどのような状態が良いのか。どのような練習を行っておくといいのか。というのは変わってくるのではないかと思います。
 
そう考えると、全国でいかに戦うかを考え、8月に向けて合わせている名門校のやり方を、5月末の試合が勝負の非名門校が真似をしても、上手くいかないかもしれませんよね。
 
あの強い選手も微妙な走りだったし、俺も悪くても良いやろ。と考えていると、もし目標としている試合が違うのであれば、痛い目を見てしまうかもしれませんね。
 
人間常に絶好調!100%!というのは無理です。
世界大会では負け無しのボルトでも、それ以外の大会では負けることもあるのです。
今年一年のシーズンで考えたときに、ピークをどこに持っていくべきか。
 
シーズンが始まった今こそ、もう一度考えてみると、試合の結果に必要以上に一喜一憂することが減るかもしれませんね。 


physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

 

コメント

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTモバイルサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!