physical conditioning center ACT

トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院
身体にあわせた施術を提供しています。

physical conditioning center ACT

HOME ≫ ブログ

ブログ

肉離れからの復帰の目安は?

0000457650.jpg
こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

多くの選手がシーズンインを果たし、ここから目標とする大会に向けて調子を上げていく時期だと思います。
 
そんな今の時期に要注意なのが肉離れ
 
当ブログでも今まで何度も取り上げている肉離れですが、この時期非常に多いです。
 
今日は肉離れからどうやって復帰していけばいいのか?という事について、お話したいと思います。
 
まず、肉離れ初期の対処としては、有名なRICE処置が有効だと考えます。
近年RICE処置については賛否両論ありますが、
①多くの場合で内出血が起きる
②必要以上の痛みを伴う
ということから、初期の段階ではRICE処置を推奨しています。
 
ちなみに、RICE処置は
Rest(休息)
Ice(冷却)
Compression(圧迫)
Elevation(挙上)
の頭文字を取ったものです。
 
氷嚢などでバンテージを使い患部を圧迫し、心臓より高い位置に患部を置き、休む。という感じでしょうかね。
 
そして、その後疼痛・炎症の除去に入ります。
このあたりは我々治療家の専門とする部分ですね。
鍼灸やマッサージ、物療器具(電気など)を使用しながら、痛みや不要な炎症を取り除いていきます。
 
ここまではどの選手も行います。
痛いと動けませんからね。
 
しかし、ここから先が再発を予防するには非常に大切になってきます。
 
次に行う必要があるのは柔軟性の改善
過去に肉離れになったことのある選手で、キチンとリハビリを行ってこなかった選手に一番顕著なのが左右の柔軟性の差。そして左右の筋力の差。
 
ざっくりいうと左右のバランスがメチャクチャなわけです。
 
既に痛みは取れているので、こういった部分のリハビリはどうしても疎かになってしまいます。
しかし、この部分を丁寧に適切に行わないと、肉離れが起きやすい身体のまま常に練習を行っているのと同じ状態です。
 
治った状態は痛みがありませんが、痛みがない=完治ではないのです。
 
非接触型スポーツの陸上競技のケガのほとんどは原因があります。
練習量や、強度などはなかなか変えることは出来ませんが、自分の身体は自分で変えることが出来ます。
 
あの時ちゃんと治しておけばよかった。とならないように。
ケガした事実は変わりませんが、そこからどのように復帰するのかは自分次第です。
 
是非、ケガを繰り返さない身体を作って復帰してもらいたいものです。
 
やり方や方法がわからない時は、専門家の力を借りましょう。
当院でも治療からリハビリまでバリバリ行わせていただいております。
 
是非一度ご相談ください。 


physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

 

コメント

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTモバイルサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!