physical conditioning center ACT

トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院
身体にあわせた施術を提供しています。

physical conditioning center ACT

HOME ≫ ブログ

ブログ

下腿部から足部に至る靭帯について

こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

足関節について勉強している中での自分の気付きとまとめです。
文献等に記載のある事実(とされている)部分に関しては断定的表現
自分の閃き、考えに関しては口語表現を使っています。

下腿部から足部に至る靭帯について
 
脛腓関節および距腿関節にかかる靭帯は足関節の運動に大きく関わっている
 
脛腓関節の靭帯は近位部と遠位部にある
このうち遠位脛腓関節は足関節の運動および安定性に大きく影響を与える
 
遠位脛腓関節には軟骨面が存在しない
脛骨と腓骨の間に繊維脂肪組織が存在する
 
 
脛腓靭帯結合は前脛腓靭帯と後脛腓靭帯からなる
 
前脛腓靭帯は脛骨の外縁から下外方へ斜走している
下縁は関節窩の外側角にはみ出して腓骨に付着する
足関節背屈時に距骨滑車外側稜の前方部分を覆う
 
後脛腓靭帯は前脛腓靭帯より厚く、内果に向かって付着している
働きは前脛腓靭帯と同じ
 
距腿関節背屈時に外果は内果から離れる運動を行う
距腿関節底屈時には後脛骨筋の収縮で外果は内果に近づき、外果は下降する
 
 
距腿関節の靭帯は内側側副靭帯(三角靭帯)と外側側副靭帯がある
三角靭帯の捻挫は脛腓間の離解を伴っている事が多く、断裂の可能性も高い
 
外側側副靭帯は前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靱帯の3つからなる
 
前距腓靭帯は外果前縁から下前方へ斜走し、距骨の外側面と足根洞の開口部間に付着する
この靭帯の下縁には外側距踵靭帯がある
 
後距腓靭帯は外果の関節面後方内側から内方でやや後方へ水平に走行し、距骨の後外側結節に付着する
内反捻挫ではまずはじめに前距腓靭帯が損傷される
 
 
距骨下関節の靭帯は骨間距踵靭帯と外側距踵靭帯と後距踵靭帯からなる
 
骨間距踵靭帯は距骨と踵骨をつなぐ靭帯である
外側距踵靭帯は距骨外側突起から外側側副靭帯の踵腓靭帯に平行に下後方へ斜走し、踵骨の外側面に付着する
後距踵靭帯は、距骨外側結節から踵骨の上面に付着する繊維である
 
 
ショパール関節に関する靭帯は底側踵舟靭帯、背側距舟靭帯、二分靭帯、背側踵立方靭帯、底側踵立方靭帯の5つ
 
底側踵舟靱帯はスプリング靭帯とも呼ばれ、載距突起と舟状骨の間に張り、踵骨と舟状骨を連結し関節面を形成する
内縁には三角靭帯の基部が付着している
距骨上の距骨の位置を安定化し、縦アーチの先端を支持する
内側縦アーチの貢献度は8%
 
背側距舟靭帯は距骨頚の背側面から舟状骨の背側面に向かって存在する
 
二分靭帯は踵骨の前内側の突起部の背側から舟状骨の外背側へ付着する踵舟靭帯と立方骨の内背側へ付着する踵立方靭帯からなり、Y字である
距骨、舟状骨、立方骨を固定する
 
背側踵立方靭帯は踵立方関節の上外側面に広がる細い繊維束
 
底側踵立方靭帯は内側縦アーチの支持機構として12.5%貢献する 


physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 
 

コメント

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTモバイルサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!