physical conditioning center ACT

土日祝日も21時まで開院
トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院


physical conditioning center ACT

HOME ≫ ブログ

ブログ

東京オリンピックマラソン選考会 マラソングランドチャンピオンシップへの道

10分間鍼灸無料体験実施中!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表の平井貴昭です。

昨日もブログに書きましたが、日曜日に行われた福岡国際マラソン
日本人選手は東京オリンピックへの第一歩となるレースです。
 
なぜかといいますと、
東京オリンピックに出場するために出場する必要があるレースに出場するための権利を獲得するために福岡国際マラソンに出場する必要があるからです。
 
出場が多すぎましたね。笑
 
もう少しまとめます。
まず、2020年に東京オリンピックがあります。
そこに出場するには、2019年秋に開催されるグランドチャンピオンシップという試合で勝つ必要があります。
 
そして、そのグランドチャンピオンシップに参加するには、
2019年秋までに開催される
福岡国際マラソン
東京マラソン
びわ湖毎日マラソン
別府大分毎日マラソン
北海道マラソン
で結果を出す必要があります。
 
出さなければいけない結果というのが
福岡・東京・びわ湖では
日本人1〜3位で2時間11分以内
日本人4〜6位で2時間10分以内
 
別大マラソンでは
日本人1位で2時間11分以内
日本人2〜6位で2時間10分以内
 
北海道マラソンだけは夏の大会なので
日本人1位で2時間15分以内
日本人2〜6位で2時間13分以内
 
となっています。
 
そして、今回の福岡マラソンでは
日本人1位 大迫傑選手 2時間7分19秒
日本人2位 上門大祐選手 2時間9分27秒
日本人3位 竹ノ内佳樹選手 2時間10分01秒
日本人4位 川内優輝選手 2時間10分53秒
 
ですので、条件を満たした大迫選手・上門選手・竹ノ内選手がグランドチャンピオンシップ出場権獲得となりました。
川内選手は日本人3位であれば11分を切っているので良かったのですが、4位なので53秒足らずということですね。
 
現在この3選手に加えて、北海道マラソンを日本人1位2時間14分48秒で走った村澤選手の4名が現在出場権を持っているという状態です。
 
次回の選考レースは2月4日の別府大分毎日マラソン
メンバーがまだまだ公表されていない段階ではありますが、日本人1位争いは熾烈になると思います。
 
ノーベル賞受賞の山中伸弥教授もエントリーしていますし、市民ランナーの方々にとってもいいレースになると良いなと思います。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022
 
ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!

 

コメント

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTモバイルサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!