physical conditioning center ACT

土日祝日も21時まで開院
トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院


physical conditioning center ACT

HOME ≫ ブログ

ブログ

ピーキング能力の大切さを学びました。

0000525847.jpg
10分間鍼灸無料体験実施中!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表の平井貴昭です。
 
2018年1月14日
 
京都では都道府県女子駅伝が開催されていましたね。
 
大阪・京都・兵庫の近畿三県は毎年優勝争いに絡み、強いですね〜。
 
大阪は大阪薫英女学院
京都は立命館宇治
兵庫は西脇工業・須磨学園
とそれぞれ全国トップクラスの高校があり、そのOGが社会人枠で出場しているケースがほとんどです。
 
結果としては今年は兵庫県が優勝しましたが、個人的に勝負を決めたと感じるのが樽本さん(須磨学園)
 
もちろん、全国トップクラスの実力者であることは間違いないのですが、個人的には全国高校駅伝を走っていないというのが快走に繋がったのではないかと推測しています。
 
全国高校駅伝が行われたのが約3週間前
出場する高校生はそこにピークが来るように練習し、調整してきたはずです。
 
そこから3週間
心身ともに一回休んでもう一度ピークを作るには短いですし、心身ともに切らさずに継続するには長い。
そんな絶妙な期間のように感じます。
もちろん上手く調整でき、両方の試合でしっかりと実力を発揮できた選手もいましたが、ピーキングの難しさはあったと思います。
 
優勝争いをするようなチームでは、戦力差はそこまで大きくないように思います。
実際、レース前から兵庫県がこんなに後ろを引き離して優勝すると予想していた人はいなかったと思います。(もちろん兵庫県チーム関係者は優勝を信じていたとは思いますが)
 
僅差の争いの勝敗を分けたのは、都道府県駅伝1本に合わせてこれたかどうかだったのでは?という一つの視点でした。
 
狙った試合で実力を発揮するって簡単ではないですもんね。
ピーキング能力の重要さ、実力が拮抗した試合で勝つことの難しさを感じることが出来ました。
 
こればかりは唯一無二の正解はありませんから、よりベターな方法を選手と指導者がコミュニケーションを密に取りながら、時には失敗しながら、本当に大切な試合で上手く走れるようにしていく必要がありますね。


physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022

 

 

コメント

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTモバイルサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!