physical conditioning center ACT

トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院
身体にあわせた施術を提供しています。

physical conditioning center ACT

HOME ≫ ブログ

ブログ

無事1周年を迎えることが出来ました。

0000470449.jpg
こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

本日5月25日を持ちまして、physical conditioning center ACT開院1年となります。
 
この1年間で多くの方にご来院頂きました。
最近は遠方からもわざわざご来院いただく方も増えてきました。
 
もっとよく出来るんじゃないだろうか。
もっと痛みを早く取り除けないのだろうか。
もっと早く復帰できる方法はないのだろうか。
 
そんな事を日々考えていたら、この1年はあっという間でした。
 
日々努力を重ねるアスリートに負けぬよう
今日よりも明日、明日よりも明後日
日々進化した自分でいられるように、今後も精進してまいります。
 
2年目のphysical conditioning center ACTもよろしくお願いいたします。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2017年05月25日 09:59 |コメント|

大阪IH期間中の開院時間について

こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

金曜日から長居陸上競技場にて大阪インターハイが開催されます。
 
2日目土曜日は万博競技場にて中学生の大阪中学選手権三島地区予選も開催されます。
 
ともに帯同・観戦・応援予定ですので、それに伴いACTの開院時間が短縮されます。
 
現在、金曜日は予約が全て埋まってしまっている状況です。
土曜日・日曜日は18時半以降は今のところご予約いただけます。(5月24日13時現在)
 
なお、開院時間の短縮に伴いまして3日間は時間外でも対応させていただきます。(朝9時以前、夜21時以降)
 
もちろん急患はいつでも可能な限り対応させていただきますので、時間の短縮等はありますが、いつも通りとりあえずご連絡いただければと思います。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2017年05月24日 13:11 |コメント|

関西実業団の招待レースの応援に行ってきました。

0000469173.jpg
こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

昨日は夕方以降院を閉めさせていただきまして、長居の競技場へ行ってきました。
 
関西実業団の中学招待男子3000mに選手が選考されたためです。
 
参加が決まってから、本人と今日を一つの目標にして日々練習を重ねてきました。
 
目標としては自己ベストの更新と3着に入って表彰台に乗ること。
練習の内容からも9分一桁は狙えるのではないかと想定し、大阪のトップ選手たち勝負してくることだけを決め、レースに挑んでもらいました。
 
エントリータイムは3番目。
今回参加していない、持ちタイムが上位の選手が他に2名いますので、今のランキングはおそらく5番
近畿大会は上位3名ですので、なんとか今日で一つでもランキングを上げたところです。
 
招待された上位選手でのレースだったのでかなりのハイペースになるかと予想していましたが、意外にも1周めが71’4とスローな展開
思い切って全中標準(8’58)辺りを目指す選手が出てくるかと思いましたが、1000mも3’03通過でこの時点では大きな集団
ペースは73秒あたりで推移していきます。
 
1600m過ぎで持ちタイム実績ともにNo.1の信太中学の田村選手が一人飛び出る形に。
2000mを先頭が6’06、後ろを4名〜5名の集団で6’07で通過します。
 
そこからラストは壮絶な凌ぎ合い
2000〜2400mは75秒に落ちるもそこから71秒まで上がり、ラストスパート
 
結果的に田村選手が逃げ切り9’04で優勝
 
教え子はラスト100mの勝負で墨江丘中学の小林選手に破れたものの、9’08の自己ベスト

正式結果はこちらです。
 
目標であった自己ベスト更新・3位入賞を果たせて良かったです。
タイムも当初の想定通りの一桁で走れましたし、順調かなと。
ラストは圧倒的な筋力差の前に敗れた結果となりましたが笑
まだまだ身長も低く、筋力もつきにくい状態なので、そこは無理せず伸ばせる部分をしっかり伸ばせていけたらと思っています。
 
ランキングもおそらく2人を抜き、1人に抜かれたのでおそらく4番目かなと。
 
ここまでくるとどうしても周りの期待が大きくなってきますが、今まで通り欲張りすぎず本人のやる気と成長段階と能力を見極めた上で頑張っていけたらいいかなと思っています。
また、こうして一緒に練習しているチームメイトが活躍することで、チームメイトたちの心に火が付き、相乗効果が生まれてくれれば嬉しいですね。 

楽しく、本気で、一生懸命に。
そんな考えの選手が増えてくれればいいなと思い、日々指導しています。

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 
2017年05月20日 11:20 |コメント|

大阪IHが近づき、予約が取れにくくなっております。

こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

陸上競技の大阪インターハイまで残り1週間となりました。
 
連日ACTにも大阪インターハイに向けて多くの高校生がご来院いただきます。
大きな試合に向けたコンディショニング、またケガをしてしまい一刻も早く、少しでもいい状態で試合に望めるように治療に通ってくれている選手などが多くなってきました。
最近はチーム単位での出張治療もご依頼いただくことが増え、夕方(18時)以降の予約が早いうちから埋まりつつあります。
 
練習予定の発表のタイミングなど、各学校様々な理由はあるかと思いますが、予定が決まり次第なるべく早くご予約いただかないと、希望の日時が取れない場合がございます。
 
急患や、近くにお住まいの方であれば時間外でも受付させていただいております。
可能な限りお早めに、遅くなってもまずはご連絡をいただければと思います。
 
皆様が少しでも良いコンディション、身体状況で試合を迎えれるように、ACTとしましても精一杯のことをさせていただきます。
 
チーム単位・個人での出張治療も場合によっては行わせていただいておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。 


physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2017年05月19日 10:06 |コメント|

悔しさを1年間忘れない選手が来年笑うと思います。

こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

5月に入り、ついに高校生はインターハイ地区予選
 
私の指導する選手は直前の体調不良の影響もあり、惜しくも予選敗退
通過ラインまであと数秒だっただけに、体調不良が惜しまれます。
 
直前での体調不良、直前での種目変更など、言い訳を上げればきりがありませんが、現実をしっかりと受け止めて、選手とともに次のユースの試合に向けて頑張っていきたいですね。
 
3年生も1名走りましたが、こちらも上手く走ることが出来ず予選敗退
チームに参加した当初に比べるとかなり実力を付けましたが、大阪大会への壁は高かったですね。
約1年間でしたが、着実に力は付いてきたものの、試合で上手く発揮させてあげれなかったのは私の責任だなと感じます。
彼はここで一旦競技から退き受験勉強に専念するということで、勉強の方ではしっかりと結果を出してほしいと願います。
 
全体的に悔しい結果となりました。
反省するべきところはしっかりと反省をし、悔しい気持ちを忘れず、次のユースまでしっかりと時間が取れることをプラスに考え、練習に励んでいければと思います。 


physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2017年05月12日 15:11 |コメント|

記録が出なくても辛抱強く努力を続ける必要性を学びました

こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

もう少しだけGW振り返りです。
 
5月に入り、最初の試合は4日の2ブロック記録会
中学生の試合になります。
 
今回の試合は新入生のデビュー戦
私が指導するロングチームに入ってきた女子の新入生は吹田陸上クラブの卒業生ばかりで、小学生の時から私も指導に関わっていたこともあり、スムーズに練習にも入れているかな。と感じています。
 
能力も非常に高く、周りからの期待も大きい彼女たちですが、個人的には目先の結果にばかりこだわらず、まずは伸び伸びと楽しく真剣に陸上競技と向き合ってくれればそれでいいかなと思っています。
 
試合の結果としては、選手個人個人の能力からすればもう少し走れても良いかな。と感じましたが、あくまでもデビュー戦。
次の試合はこうやってみよう。あの時こうすればもっと早く走れたかも。
そんな感想を個人個人が持ってくれて、それを次の試合に活かすために練習に励んでくれればそれで十分かなと。
 
先輩方は連戦の疲れも残しながらも、全体的に自己ベストもしくは自己ベストに近い記録が多く、いい流れになってきているのかなと。
特に中距離のエースは久しぶりの自己ベスト
しかも大幅な自己ベスト
長距離のエースが調子よく自己ベストを出す中で、苦しい時期が続きましたが辛抱強く努力を重ね続けてくれていた成果がようやく出てくれたかなと思います。
 
これで彼もランキングが3番?となり、近畿大会全国大会を目指す準備が整ってきました。
今回がたまたまとならないように、まずはしっかりと安定感を身につけもうひと伸びを期待したいですね。
好調な選手に負けないように私も指導者として、治療家として日々成長していかないといけないと強く感じる試合となりました。 


physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2017年05月11日 10:12 |コメント|

狙った試合で記録を狙うことの難しさを感じました。

こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

試合の観戦記です。
 
4月30日は
中学生のユースフレンドシップin万博競技場
高校生の1地区記録会in服部緑地競技場
 
自転車で往復しました笑
 
ユースフレンドシップには
男子800m
男子1500m
男子3000m
女子800m
 
4名が出場
 
男子800mと男子1500mは昨日よりも若干記録を落とす結果に。
気持ち的にも余裕を持って走った昨日のほうが動きも良かったので、気持ちが入りすぎて力みにつながってしまったのかなと感じました。
二人ともフォームがいい形にハマると記録が出るのですが、崩れると凡走になりがちなので、普段の練習からこちらも意識してチェックしていく必要がありますね。
 
男子3000mは大阪陸上カーニバルに続いての自己ベスト
自分よりも自己ベストが上の選手たちとしっかり勝負をして、勝つことが出来たのは本人にとっても自信に繋がったのではないかなと思います。
これでランキングは4番?5番?くらいですかね。
ここまでくると記録が狙える試合は少なくなってきますが、一本一本着実に力を付けていってほしいと思います。
 
女子800mも少しではありますが復活の兆しが見えてきたのかな。という内容。
自分が思うように身体が動かない時期ではありますが、こちらも焦らず辛抱強く選手とともに頑張っていけたらいいかなと思います。
ここで無理をして走ることが嫌いにだけはなってもらいたくないものです。
 
高校生の記録会の方は
男子1500mに出場
一人は体調不良で欠場
一人は練習が積めておらず思ったような走りが出来ず
 
なかなか思ったように事は運びませんね。
それぞれとしっかり話をして、今後の流れを決め終了しました。
 
高校の記録会の方には元教え子も出場していましたが、受験からのブランクはまだまだ大きいようで動きは鈍かったですね。
ポテンシャルは高い選手ですから、どこまで本気で上を目指すのか分かりませんが、頑張って欲しいと思います。 



physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2017年05月10日 16:23 |コメント|

指導者がどこまで決めるのか。について考えてみました。

こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

少しずつ、GWを振り返っていきます。
 
4月29日の中学生2ブロック記録会
 
指導している中学からも多くの選手が出場しました。
 
通信大会の標準記録をまだ切れていない選手にとっては一回一回の記録会が勝負です。
逆に既に記録を突破している選手は様々なレース戦略を試してみたり、メンバーに合わせて着順取りを意識してみたり、来るべき大きな大会に向けて試行錯誤をすることが出来ます。
 
チームからは翌日のユースフレンドシップ大会の参加標準記録を突破している選手が4名ほどいましたので、彼らには今日を大阪大会の予選と思って走るようにしよう。という話をして、送り出しました。
 
当然上手く出来た選手、出来なかった選手それぞれいましたが、レース後それぞれと話をしてダメだった理由、上手くいった理由を彼らなりに考えてくれたので良かったと思います。
 
我々指導者は外から見た客観的な情報から判断しますが、選手個人個人か感じている主観的な感覚ももちろん非常に大切です。
正解が何かは最終的な結果が出ないと分かりません。
指導者が出来るのは自分の持つ知識と経験から導き出した最善(と自分が思っている)案を提案すること。
そこに選手が走ってみた感覚とすりあわせて、最適解を一緒に探すこと。
 
指導者が指示を出す。
選手が言うことを聞いて指示通り動く。
時にはこの形が大切な時もありますが、やはりコミュニケーションを相互に取っていくことが大切なのではないかと感じました。
 
あくまでも主役は選手
指導者はサポート
指導者が選手を強くするのではなく、強くなりたい選手を指導者がサポートする。
色々な考え方があるとは思いますが、私はこういうスタンスが自分には合っているな。と感じています。 


physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2017年05月09日 10:11 |コメント|

GWが終了しましたね。

こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

久しぶりのブログになってしまいました。
 
みなさんGWはいかがでしたでしょうか。
 
私は高校生のインターハイ予選が各種目始まったこともあり、大忙しで働かせてただいていました。
 
少し落ち着いてきましたので、個人的備忘録も兼ねて指導者として選手の試合に帯同した事、治療家として選手の試合に寄り添ったこと、そして一人の陸上競技ファンとして多くの陸上の試合を観戦して感じたことなどを少しずつ書き残してければと思います。
 
次の祝日は7月17日の海の日
二ヶ月以上ありますが、頑張っていきましょう笑
 
私のGWは
4月29日:中学生の第2回記録会
4月30日:中学生のユースフレンドシップ・高校生の一地区記録会
5月4日:中学生の2ブロック記録会
5月5日・6日:高校生のインターハイ1・2地区予選
5月7日:木南記念陸上
 
もちろん毎日ACTでの治療業務、陸上チームでの練習も並行して行っておりました。
 
陸上漬けのとても充実したGWを過ごすことが出来ました。
 
中学生はここから通信大会参加標準記録への挑戦、大阪中学選手権大会への予選会
高校生は大阪インターハイへと続きます。早くも駅伝に向けて切り替えている選手や、ユースの試合に向けて再始動の選手もいますでしょうか。
 
大きなケガには気をつけて、それぞれが積み重ねてきたことが結果に繋がることを祈っていますし、そこに向けて全力でサポートしていきたいなと思います。 


physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2017年05月08日 12:45 |コメント|

試合に向けた調整の考え方

こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

陸上競技は本格的にトラックシーズンが開幕し、毎週末どこかで試合が行われていますね。
 
中学生は大きな試合はまだ先ですが、高校生はGWにはインターハイ予選が始まります。
 
はっきり言って、今からGWまでに能力を急激に向上させることは難しいです。
大切になってくるのは、いかに自分の100%の力を発揮できるか。
 
調整が重要になってきます。
 
そこで、今日は試合に向けての調整(ピーキング)について、私が実際にチームで実践している考え方をご紹介したいと思います。
難しい言葉は極力使わず、専門的な知識の無い方にも分かるように書いていくつもりですが、難しい部分があれば、直接ご質問ください。
 
まず、調整の目的ですが、すごーく雑に言えば、「試合に向けて調子を上げていく」ということになるかと思います。
 
では、調子が良いとはどういう状態なのか。
 
これも大きく分けますと
①疲労感がない
②体内のエネルギーが十分にある
 
この2つかなと思っています。
 
では、この「①疲労感がない」という状態を作るためには何が必要か。
休養ですよね。
ただ、ここで重要なのは「疲労」ではなく「疲労感」であることです。
疲労はゆっくり寝ていれば取れていくと思いますが、疲労感は必ずしも家でゴロゴロするのが除去に最適化と言えば、そうとも言えないことがあります。
一日家でごろごろしてたら筋肉痛は取れたけど、翌日動きが悪い。なんてことを経験した事がある人もいるかと思います。
逆にアクティブレストと呼ばれるようなもので、身体を動かしたにも関わらず、スッキリした。という経験がある方もいると思います。
疲労感を取るために何が必要?レスト?アクティブレスト?ってところですね。
 
次に考えるのが、②体内のエネルギーが十分にある。という状態
 
身体を動かすにはエネルギーが必要です。
糖であったり、脂肪であったりなどなどですね。
体内にレースを行う上で十分な量のエネルギーがないというのは、ボス戦を戦う前にHPが満タンじゃないというくらいマイナススタートです。
(ゲームとか分からない人すいません笑)
 
では、どうやって体内にエネルギーを溜めるのか。
単純に言えば、消費エネルギーを減らし、摂取エネルギーを増やす。
もちろん両方行うことが大切です。
摂取エネルギーを増やすのは〇〇ローディングとかってよく言いますよね。
カーボローディング・クレアチンローディング・ウォーターローディングなど。
試合の際に使うエネルギーを出来るだけレースの際に体内に溜めておこうという考えですね。
 
消費エネルギーを減らすのは、単純に練習量を減らす。ということになります。
 
そういった観点から、私は試合前日のいわゆる刺激練習というものは推奨していません。
そこで使ったエネルギーが果たして24時間で100%回復するのか?というところに疑問があるからです。(現時点での私の結論は回復しないという結論です)
 
ここまでの内容をまとめると、とにかく休め!みたいな流れになりますが、休みが続くと神経系の動きが悪くなります。
いわゆる動きのキレ、とでも言えるでしょうか。
また、疲労感がなくなりすぎると、身体が軽くなりすぎる(動きすぎる)ということもおきます。
一見良いように見えますが、普段とあまりにも身体の動きが違いすぎると、接地が変わったりなどして上手く走れない選手もいます。
追い風の方がタイムは出るが、追い風7mとかになると、身体が浮いて上手く走れないとかと同じような感覚かもしれません。
 
少し長くなったのでまとめると
まずは、身体が一番うまく動かせる身体の状態を把握する。
そこに向かって練習量を調節していく。(一般的なセオリーでは、量を減らし強度は落とさないというのがベターです)
休み過ぎによる動きのキレの低下には注意する。
疲労が抜けていく中で今までとの感覚のズレが生じないか日々確認する。必要に応じて微調整する。
疲労面・エネルギー面から直前には強い負荷は避ける。
 
こんなところでしょうか。
並べてみると当たり前の内容ばかりですが、一つでも参考になれば幸いです。
 
最終的には個人個人の感覚などが大切で、千差万別なものになります。
基本をおさえたうえで、記録会などで色々試しながら自分なりの調整法を見つけてみてください。 

どうしても上手くいかない。という方は、ぜひ一度ご相談ください。

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2017年04月26日 15:00 |コメント|

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTモバイルサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!