physical conditioning center ACT

土日祝日も21時まで開院
トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院


physical conditioning center ACT

HOMEブログ ≫ 無月経が引き起こす疲労骨折と引退への道 ≫

ブログ

無月経が引き起こす疲労骨折と引退への道

0000528706.jpg
10分間鍼灸無料体験実施中!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表の平井貴昭です。

2018年1月28日
 
先日のブログでは、摂食障害について少し触れました。
 
今日は無月経について、今の私の知識をまとめていきたいと思います。
 
無月経とは、排卵が起きていない。妊娠が出来ない。状態です。
それは、脳中枢が差し止めているということで、身体にとっては異常状態といえます。
 
また、無月経そのものが悪いというよりは、無月経の状態=低エストロゲン状態が長期化することによって、骨粗鬆症状態になり、疲労骨折が繰り返されてしまうことで、アスリート人生を短くしてしまいかねない事が問題とも言われています。
 
無月経の原因は先日のブログでも書いた摂食障害や食事制限によるエネルギー不足はもちろんですが、競技や人間関係の精神的ストレスやプレッシャーなどのメンタル面も影響が大きい事が分かってきています。
 
無月経の状態になることで、
・月経が試合に重ならないか気にしなくても良い
・月経周期により好不調を気にしなくて良い
・月経周期によりトレーニング内容を加減しなくても良い
・月経出血による貧血を心配しなくても良い
などのメリットを感じている選手・指導者もいると効きます。
 
そして、日本陸連医事委員会が集計したアンケートによると、引退時に無月経であった女子実業団選手のほとんどが現役引退後、適切な体重まで増やすことで、月経が再開されたというデータがあります。
 
じゃあ妊孕性に問題がないならいいじゃないか。となりそうですが、問題なのは上記にも挙げた骨密度低下による骨粗鬆症と疲労骨折の問題です。
 
特に中高生の時期に無月経の期間が長く続き骨密度が上昇しないと、引退後普通の生活に戻っても上昇しないケースが多いことが分かっています。
 
中高生の間に目先の結果だけを追い求めて、過度な食事制限をし、その時は結果が出たけれど、その後常に疲労骨折続きで引退せざるを得なくなってしまった選手を何人も知っています。
 
結果にこだわるな。と言うのはきっと言い過ぎです。
でも、将来の可能性を削ってまで結果にこだわってはいけないと思います。
 
当たり前の話ですが、よく動き、よく眠り、よく食べるのが一番です。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022
 

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTスマホサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!