physical conditioning center ACT

土日祝日も21時まで開院
トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院


physical conditioning center ACT

HOMEブログ ≫ 第71回 福岡国際マラソン ≫

ブログ

第71回 福岡国際マラソン

10分間鍼灸無料体験実施中!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表の平井貴昭です。

12月3日(日曜日)
 
福岡国際マラソンが開催されましたね。
 
当院に通ってくださっている選手も複数名出場しており、
テレビに映らないかなーと思いながら仕事の合間に観戦していました。
 
福岡国際マラソンは日本で一番参加標準記録の高いマラソン大会です。
参加標準記録については昨年の記事にまとめてありますので、こちらをご参照ください。
 
市民ランナーにとっては福岡国際マラソン出走は一つの夢であり目標
 
しかも福岡国際マラソンは参加標準記録が高いことももちろんですが、
途中関門のハードルも非常に高いのです。
 
今回の大会で無事関門を全て通過し、一番後ろでゴールした選手のタイムが2時間42分56秒
1キロ4分のペースよりも速いんです。
 
つまり何が言いたいかというと、
市民ランナーで、福岡国際マラソンに出場する選手はエントリー出来てる時点で全員凄い!
そして完走している選手は更に凄い!
 
という事です笑
 
結果は
ノルウェーのモーエン選手が2時間05分48秒のヨーロッパ新記録で優勝
30km〜40kmを29分15秒で走るという驚異的なスパートでの優勝
今までの自己ベストが2時間10分台ですから、どれだけベストを出すんだといった感じですね。
ハーフマラソン60分切りを果たしている選手ですから、優勝候補だとは思っていましたが、本当に強かったです。
 
日本人トップはナイキオレゴンプロジェクト所属の大迫傑選手
タイムは2時間7分19秒の日本歴代5位
全体では3位
2位のキプロティチ選手(ロンドン五輪マラソン金)と最後まで競っていたのは非常に興奮しましたね。
 
大迫傑選手は今回の結果により、2019年秋に開催されるマラソングランドチャンピオンシップ(以下MGC)への出場権を獲得しました。
 
他にも
日本人2位の上門大祐選手(大塚製薬)が2時間9分27秒
日本人3位の竹ノ内佳樹選手(NTT西日本)が2時間10分01秒
で、この二人もMGCの出場権を獲得しました。
 
日本人同士のハイレベルな争いはもちろん、
世界のトップ選手と日本人選手が競り合う姿は興奮を覚えますね。
 
出場された皆さん、お疲れ様でした。
 
本日夕方以降は福岡国際マラソン帰りの皆さんの予約が多く、土産話を楽しみにしています笑 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022
 
ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTスマホサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!