physical conditioning center ACT

土日祝日も21時まで開院
トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院


physical conditioning center ACT

HOMEブログ ≫ 腰椎分離症の発生メカニズムと痛みについて ≫

ブログ

腰椎分離症の発生メカニズムと痛みについて

こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表の平井貴昭です。
 
腰椎分離症の発生メカニズムと痛みの関係
 
スポーツ動作の中でも、体操競技などで身体を反ったりテニスなどで腰をひねる動きを繰り返し続けることで腰の骨にストレスが加わり腰の骨が分離してしまうことを腰椎分離症といいます。
 
痛みは骨盤と腰骨の間のあたりに出ることが多いです。
また、下半身にしびれが伴うこともあります。
 
成長期の時期にハードな練習を繰り返すことで発生することが多いです。
 
「成長期」に「繰り返し」の動きによって亀裂が入ることが特徴です。
 
成長期のお子さんの腰の痛み(特に筋肉ではなく骨付近の痛み)では必ずチェックする必要のあるスポーツ障害です。
 
また、レントゲンを取ると腰椎分離が見られるが、痛みはないという場合もあります。
他の筋肉がサポートを果たしてくれていることで、痛みが出ないことがあります。
(スポーツ選手では30〜40%が分離症になっているとも言われています。)
 
正確に判断するためには、医師のもとでレントゲンやMRIなどを撮影してもらい診断して貰う必要があります。
(鍼灸院、整骨院では様々な検査によって予測・推測は出来ても、確定診断は行なえません)
 
腰椎分離症での骨癒合を目的とした治療を行う際には、症状がいつ発生したのか?というのが大切になってきます。
 
早期の発見ですと、骨癒合を目指した治療を行うことで、早期のスポーツ復帰が可能です。
しかし、完全に亀裂が入ってしまっているいわゆる終末期の状態になると骨癒合は難しく、腰部のトレーニングを行ったり、腰に負担のかかりにくいフォームを身につけるなどして上手く付き合っていく必要が出てきます。
上記にある【レントゲンを取ったら腰椎が分離しているけど痛みがない】状態を目指します。
 
ですので、腰椎分離症は早期発見、早期治療がとても大切になります。
 
腰椎分離症は骨の痛みなので、残念ながら鍼灸治療やマッサージ治療で改善を望むことは難しいです。
しかし、腰椎分離症に伴って発生している異常な筋緊張や痛みに必要以上に敏感になっている部分を調整することで、痛みを抑えることは可能です。
当院では鍼灸治療やマッサージ治療、ハイボルテージ療法、メディカルハイドロバック療法などを駆使して不必要な痛みを抑えながら回復しやすい身体状況を目指します。
また、並行して再発予防のためのエクササイズや患部に負担の掛からない範囲で行えるトレーニングなどを処方することで、復帰時に少しでも競技力が落ちないように、そして一度なったケガを繰り返さないようにしています。

腰の痛みは我慢し続けると良いことなしです。
早めに身体の専門家に相談しましょう。
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022
 
ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 
  

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTスマホサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!