physical conditioning center ACT

土日祝日も21時まで開院
トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院


physical conditioning center ACT

HOMEブログ ≫ 八校対校戦に行ってきました。 ≫

ブログ

八校対校戦に行ってきました。

0000500199.jpg
こんにちは。
大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。
 
9月23日土曜日
午後からは昨日ブログで書いたとおり全日本実業団対抗へ行ってきました。
午前中は服部緑地での八校対校戦へ
 
この試合、今回はじめて知ったのですが
池田高校
箕面高校
千里青雲高校
刀根山高校
桜塚高校
宣真高校
豊島高校
豊中高校
の八校で争う対校戦のようです。
 
手動計時の非公認のすごくローカルな試合でしたが、和気藹々とした雰囲気の中にも対校戦独特の盛り上がりもあって、すごくいい試合だなと感じました。
 
生徒達が中心となって行っていたので、多少(かなりの?)時間が遅れたり、不備があったりはあったようですが、学校の文化祭や体育祭のような手作り感に陸上競技を組み合わせるとこんな感じになるのか。といった印象でした。
 
出場した教え子の結果はなんとも微妙なものに…
確実に力は付いてきているとは思うのですが、なかなか試合の結果として上手く表現することが出来ず
結果こそが実力。ということも事実ですし、練習ができているということを逃げ道に使うのは良くないですが、何かが足りない。殻を破れない。という状況が何ヶ月も続いています。
 
大崩れしているわけではなく、安定してるといえば良い表現になりますが、本人も私も「もう少し出るやろ〜」が続きます。
 
私が何かしてあげれることはないのか
手を差し伸べるのがいいのか、自分で這い上がってくるのを待つのが良いのか
 
全日本実業団の際にあったコーチ陣にも言われましたが、至れり尽くせりが必ずしもベストな選択ではないんですよね。
不都合があったり、理不尽があったり、そういったところから芽生える強さもあると。
 
唯一無二の答えはないとは思いますが、答えを探して常に悩み、常に考えることも指導者の仕事なんだろうと感じる日々です。
 
そんな指導の苦しみや苦労を重ねながら、治療家としても選手だけでなく指導者の苦労も分かる人間になりたいと思いますし、それこそが武器になるんじゃないかなと。
近くで見てることで分かることもありますが、経験しないとわからないこともたくさんありますね。
 
若いうちに苦労は買ってでもしろと言いますが、苦労ばかりも辛いものです笑
沢山の経験を積み、沢山の選手と触れ合い、日々成長していければと思います。
そして、その成長をまた選手に還元できれば最高ですね。 
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022
 
ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 
  

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTスマホサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!