physical conditioning center ACT

土日祝日も21時まで開院
トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院


physical conditioning center ACT

HOME ≫ ブログ

ブログ

ACT営業再開しております。

皆様、地震の方は大丈夫でしょうか?
 
私の方は家はひっちゃかめっちゃかになってますが、ACTの方は無事掃除も終わり、昨日より通常営業とさせていただいております。
 
しかし、まだまだ交通にも不便があり、余震の不安感も拭えていないのが現実だと思います。
 
ご予約いただいた皆様、来られる際は安全第一でよろしくお願いいたします。
 
不安感など、個人都合でのキャンセルも当然受けさせていただきます。
キャンセルの連絡だけ、余裕があればしていただけますと幸いです。

その他、なにか困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。
よろしくお願いいたします。 
2018年06月20日 14:53 |コメント|

足関節底屈筋力の筋力測定法について

10分間鍼灸無料体験実施中!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2018年5月19日
 
足の構造と機能研究会復習記事です。
 
シンポジウム2(足関節の構造と機能)
足関節底屈筋機能に着目した慢性足関節不安定症の病態解明
 
北海道千歳リハビリテーション大学健康学部リハビリテーション科 小林匠先生の講演でした。
 
まとめていきます。
 
・足関節底屈筋の機能不全は足関節周囲の疾患との関連が多く示唆されるものの、有用かつ簡便な筋力測定法が存在しない
・小林先生が考案したPFBTは検者内信頼性は高かったが、検者間信頼性は不十分であった
・CAI患者は足関節最大底屈時に腓腹筋内側頭が過剰に収縮し、ヒラメ筋など他の底屈筋の作用を代償している可能性が示唆された
 
底屈筋力の測定に関しては、個人的にも方法に凄く迷っていたところだったので今回小林先生が発表されていたPFBTは使っていこうと思いました。
また、過剰に使われている=どこかの代償になっているという考え方は、足関節に限らず身体を診るときには常に頭に入れておく必要があると再認識しました。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022
 

2018年05月19日 12:53 |コメント|

あなたの前距腓靭帯、本当に1本ですか?

10分間鍼灸無料体験実施中!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2018年5月18日
 
今日も足の構造と機能研究会の復習記事です。
 
シンポジウム2(足関節の構造と機能)
足関節外側靭帯の形態と機能の関係
新潟医療福祉大学 運動機能医科学研究所 江玉睦明先生です。
 
まとめていきます。
・前距腓靭帯は3本ある人もいる
・1〜3本の各タイプによって機能に影響を及ぼしている可能性がある
・前距腓靭帯と踵腓靭帯は互いに補い合いながら足関節外側靭帯複合体として制動機能を担っている可能性
 
解剖学の専門家である江玉先生の公演は画像などが多く、文字にすると凄く情報力は少なくなりますが、非常に参考になりました。
教科書は参考にしなきゃいけないけれど、絶対ではない。解剖の知識は常にアップデートの必要があることを再認識しましたね。
 
医師と違ってMRIやレントゲンでの画像診断が出来ない鍼灸師は触察と解剖的知識に頼るしか無いのですが、盲目的に触ることがないように、気をつけなければいけないなと改めて感じました。
 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022

2018年05月18日 15:01 |コメント|

ジョーンズ骨折(第5中足骨疲労骨折)の予防、リハビリを考える

10分間鍼灸無料体験実施中!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2018年5月17日
 
今日も足の構造と機能研究会の復習記事です。
 
シンポジウム1
足部の構造と機能
スポーツ現場における第5中足骨疲労骨折の予防の取り組み
おゆみの中央病院リハビリテーション部 ジェうユナイテッド市原・千葉所属の秋吉直樹先生の公演でした。
 
まとめていきます。
・サッカーにおける足関節・足部の障害は、全傷害の約20%
・第5中足骨疲労骨折(ジョーンズ骨折)は重症度の高い傷害の一つ
・現在報告されているジョーンズ骨折の危険因子は
    ・人工芝
    ・ブレード型のスパイク
    ・股関節内旋制限
    ・ビタミンD不足
・ジェフではポスターを使って選手・指導者・保護者への啓発活動を行うことで発生率を減少させた
・ジョーンズ骨折は再発率が高く、離脱日数も平均90日程度発生するため事前の予防が重要
・骨折者の45%は事前に違和感を感じているというデータがあるので、啓蒙活動を徹底することで減らすことは可能ではないか
 
ジョーンズ骨折に限らず、ケガの多くは振り返ってみると、ケガの前からいつもと違う感じがしたと答える選手は多いです。
 
「いつもとなんか違う」に敏感になり、対処することが大切です。
上手く言葉にする必要はありません。
なんか違う。なんか変。で十分です。
そこから先は我々プロがしっかりと検査させていただきます。
 
自分の変化に敏感に。
自分の身体との対話の時間を取ってください。
 
それが、ケガ予防の第一歩です。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022

 

2018年05月17日 11:38 |コメント|

扁平足とウインドラス機構の関係を考える

10分間鍼灸無料体験実施中!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2018年5月16日
 
足の構造と機能研究会の復習記事です。
 
今日はシンポジウム1
足部の構造と機能
森ノ宮医療大学保健医療学部理学療法学科 工藤慎太郎先生による
Windlass機構に注目した扁平足の歩行のkinematics解析
 
工藤先生からは、扁平足とWindlass機構についてのお話。
まとめていきます。
 
・足底腱膜炎は扁平足でも、ハイアーチでもなりうる
・足部は歩行中に荷重応答期での衝撃吸収と、立脚後期での前方推進力の生成という2つの課題を達成する
・立脚後期ではウインドラス機構が主役を担う
・ウインドラス機構を提言したHicksは二次元解析であったので、3次元で扁平足と健常足の動きを調べた
・扁平足では内転タイプが多かった
・内転の動き→アーチが潰れる方向?
・扁平足と健常足を比較するとアーチ挙上角、角速度に変化はなかった
・運動負荷をかけることによってウインドラス機構は強くなる
 
扁平足の患者さんは当院でも非常に多い印象ですが、必ずしもそれが痛みにつながっているわけではないというのが興味深いところです。
痛みが出ている人は扁平足であることが多いが、扁平足なら痛みが出るわけではない。
 
この理屈は結構色んなところに当てはまりますね。
身体の硬さとか、筋肉の量とか。
痛めている人の多くがそうだからといって、その状況になると痛みが出るかといえば違うと。
 
原因は別のところにあるなんてことは多いですよね。
 
足底腱膜炎の治療やシンスプリントの治療などは足部のアライメントを修正することで、かなり痛みが減ることも多いです。
そこから鍼治療やマッサージを行うことで、相乗効果を生み出し、鬼に金棒状態ですね。
 
足底筋膜炎やシンスプリントは良くならない事が多いのか、遠方からも治療に来られる方が多いです。
 
悩まれてる方おられましたら、ぜひ一度ご相談ください。 
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022

 

2018年05月16日 14:13 |コメント|

踵骨の構造から考える接地部位とは

10分間鍼灸無料体験実施中!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2018年5月15日
 
足の構造と機能研究会の復習記事です。
 
シンポジウム1
足部の構造と機能
 
帝京大学福岡医療技術学部理学療法学科 壇順司先生の公演でした。
タイトルは 足部の構造と機能の追求ー踵部の構造と機能ー
 
壇先生は踵骨についての研究をされているということで、踵骨の形についての話がありました。
 
まとめていきます。
  • 人が立って歩くとき、はじめに接地するのは踵
  • 荷重位において踵骨隆起部での支持部位は内側突起と外側突起がある
  • 内側突起に比べて外側突起は小さく、外側方に位置する
  • 位置的に外側突起での荷重は考えにくい
  • 内側突起の内側と外側で支持しているのであれば、後足部は非常に不安定である
  • 踵骨の下にある脂肪組織は表層と深層で形状が違う
  • この脂肪層が荷重されることで約7mmたわむことで、圧を分散していると考えられる。
  • 踵骨と脂肪組織の付着は内側が緩く、外側は強い
  • このことで脂肪層の流動性が高まり、衝撃吸収材の役割を果たしているのではないか
 
踵はアキレス腱の付着部でもあり、踵の痛みで来院される方は非常に多いです。
 
接地時の骨支持が基本的には内側のみで行われているというのは個人的には凄く衝撃的でした。
走るときでも歩くときでも、基本的には外側から接地しますから、骨も外側部が支持面になると思っていましたので。。。
 
そうなると、治療のアプローチも変える必要が出てきますし、変えることで今まで以上に効率的に効果的に結果が出せそうな気がします。
 
最初の公演から学びが盛り沢山でした。

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022

 

2018年05月15日 12:00 |コメント|

足の構造と機能研究会に参加してきました。

0000551486.jpg
10分間鍼灸無料体験実施中!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2018年5月14日
 
昨日は夕方まで院を閉めて学術集会に参加してきました。
「足の構造と機能研究会」
森ノ宮医療大学で開催されました。
 
ランナーを多く見させていただく私に取っては常にアップデートが必要な分野
 
多くの研究者の先生方の発表を聞き、非常に勉強になりました。
 
明日以降復習も兼ねて随時内容に触れていきたいと思います。
 
予約の日程調整をお願いした皆様お手数をおかけしました。
 
学んできたことを臨床の現場に活かし、より良いものを提供できるよう今後も精進します。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022

 

2018年05月14日 17:26 |コメント|

肩をアイシングすることによる位置覚のズレ

10分間鍼灸無料体験実施中!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2018年5月11日
 
いい天気ですね!
今日は、ようやく練習が出来そうです笑
5月にしては少し肌寒い感じがしますが、ハレの日はやはり気分がいいです(^^)
 
ということで、今日も論文紹介
 
 
肩に砕いた氷のパックを15分間当てたら、関節の位置感覚・固有感覚を減少させた。
という感じですかね。
 
関節の位置覚がずれてしまうとなると、投球動作を行うスポーツの選手(野球など)では扱いを注意しないと、感覚がずれてしまう危険性がありますよね。
 
最近はプロ野球選手でもアイシングをしない選手が増えてきているようです。
当院でケアを担当させていただいている選手も、アイシングは止めています。
 
良い悪いの二元論に走りがちではありますが、それぞれのメリット・デメリットをキチンと把握した上で、自分に合った選択をすることが大切ですよね。
 
そのためには、やはり我々選手をサポートする側の人間が知識をつけ、選手に提示し、判断できるようにならないといけませんね。
 
日々精進です… 

⚠上記の論文から読み取ったあくまでも私見ですので、ご承知ください。
そうとはいえないんじゃないの?とか、こういうふうに考えるべきでは?などなどありましたら、ぜひご連絡、ご教授いただければと思います…。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022

 

2018年05月11日 11:00 |コメント|

BCAA摂取による筋肉痛および筋機能改善の効果

0000550917.jpg
10分間鍼灸無料体験実施中!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2018/05/10
 
今日はいい天気ですね!
 
今日は空き時間を見つけて西京極まで関西インカレを観戦しに行ってきました。
 
当院からだと、阪急正雀まで自転車で向かい、そこから電車で40分ほどなので、片道1時間位で行けてしまうんです。
 
ケアに通ってくれている選手の応援は楽しいものですね。
普段ケアを受けているときはオフモードで若干だらしない顔をしている彼らですが(失礼w)試合となると闘争本能丸出しの勝負師の顔になりますね。
 
素直にギャップがカッコイイと思いました笑
 
明日以降も長めの空き時間ができれば、少しでも見に行けるといいなと思います。
 
ということで、今日も論文紹介を
 
Branched-chain amino acid supplementation and exercise-induced muscle damage in exercise recovery: A meta-analysis of randomized clinical trials
 
凄くざっくり言えば、BCAAの摂取は筋肉、筋力の回復に有益ですよ。
という論文ですね。
 
BCAAはサプリメントとしても有名なので、スポーツ選手には馴染みが深いですよね。
 
市販でも売っていることが多く、使用したことがある方も多いのではないでしょうか。
 
個人的には薬局で売っているような物に記載されている一回目安量ではなかなか効果を体感できず…3倍くらい摂取してようやくと言った感じでしたね。
 
効果を感じるにはどの程度の摂取が必要なのか。
そのあたりのデータが示された論文が無いか、探してみようと思います。 

⚠上記の論文から読み取ったあくまでも私見ですので、ご承知ください。
そうとはいえないんじゃないの?とか、こういうふうに考えるべきでは?などなどありましたら、ぜひご連絡、ご教授いただければと思います…。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022

 

2018年05月10日 19:35 |コメント|

鍼治療による月経困難症による痛みの改善

10分間鍼灸無料体験実施中!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2018/05/09
 
昨日は雨が降ってしまいましたね…
GWの祝日とも相まって、2週間ほど選手を見れていない状況です。
寂しいですね笑
 
週末の日曜日がまた雨予報ですね。
勉強会参加の予定なので雨は避けたい…神に祈ります笑
 
ということで、今日も論文紹介
 
Effectiveness of dry needling of rectus abdominis trigger points for the treatment of primary dysmenorrhoea: a randomised parallel-group trial
 
2018年に出されたての、腹部のトリガーポイントに鍼治療を行うと原発性月経困難症の痛みを減らしたり、薬の量を減らしたりできるのではないか。というものですね。
 
当院ではあまり行いませんが、鍼治療と女性器疾患は相性がよく、美容鍼と合わせて女性向けの鍼灸院なども増えてきている印象です。
 
ホルモンバランスの調整が行われることで、効果が出ているのだろうなと思います。
不妊治療などをやっているところもありますよね。
 
常々言っていることではありますが、私は鍼灸治療こそが最強で最高!という考えではないですが、一般の方が思っている以上に鍼灸治療で出来ることは沢山ありますから、何か困ったときに選択肢の一つにしていただけるといいなと思います。 

⚠上記の論文から読み取ったあくまでも私見ですので、ご承知ください。
そうとはいえないんじゃないの?とか、こういうふうに考えるべきでは?などなどありましたら、ぜひご連絡、ご教授いただければと思います…。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022

 

2018年05月09日 10:56 |コメント|

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTモバイルサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!