physical conditioning center ACT

吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院
身体にあわせた施術を提供しています。

physical conditioning center ACT

HOME ≫ ブログ

ブログ

都道府県駅伝の区間エントリーが発表されました。

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

明日行われる都道府県男子駅伝の区間エントリーが発表されました。
こちらから確認できます。
 
大阪チームは
1区 小林歩選手(関大北陽)
2区 田中駿祐選手(金剛中)
3区 山中秀仁選手(HONDA)
4区 北崎拓矢選手(関大北陽)
5区 中村雅史選手(関大北陽)
6区 藤川雅之選手(田尻中)
7区 高砂大地選手(中央学院大学) 
 
主催者予想では
1区 小林歩選手(関大北陽)
2区 藤川雅之選手(田尻中)
3区 山中秀仁選手(HONDA)
4区 北崎拓矢選手(関大北陽)
5区 中村雅史選手(関大北陽)
6区 田中駿祐選手(金剛中)
7区 高砂大地選手(中央学院大学)
 
でしたので、走るメンバーは同じ
中学生の2名が2区と6区で入れ替わった形になりましたね。
 
今年箱根駅伝を走った選手で、エントリーされているのは
 
青森県 7区 堀合大輔選手(駒澤大学)箱根10区
岩手県 7区 永戸聖選手(山梨学院大学)箱根3区
秋田県 7区 松尾淳之介選手(東海大学)箱根4区
福島県 3区 物江雄利選手(駒澤大学)箱根6区
茨城県 7区 森田歩希選手(青山学院大学)箱根4区
栃木県 3区 石川颯真選手(日本大学)箱根1区
群馬県 7区 塩尻和也選手(順天堂大学)箱根2区
埼玉県 3区 口町亮選手(東洋大学)箱根3区
神奈川県 3区 館澤享次選手(東海大学)箱根5区
神奈川県 7区 小町昌矢選手(日本体育大学)箱根2区
山梨県 3区 上田健太選手(山梨学院大学)箱根5区
山梨県 7区 平賀喜裕選手(駿河台大学)箱根3区
新潟県 3区 服部弾馬選手(東洋大学)箱根1区
新潟県 7区 畔上和弥選手(帝京大学)箱根4区
長野県 3区 春日千速選手(東海大学)箱根8区
石川県 7区 山本修二選手(東洋大学)箱根2区
福井県 7区 石橋安孝選手(東海大学)箱根7区
静岡県 7区 下田裕太選手(青山学院大学)箱根8区
三重県 7区 西山雄介選手(駒澤大学)箱根1区
京都府 3区 川端千都選手(東海大学)箱根9区
京都府 7区 一色恭志選手(青山学院大学)箱根2区
大阪府 7区 高砂大地選手(中央学院大学)箱根2区
鳥取県 7区 足羽純実選手(法政大学)箱根2区
山口県 3区 田村和希選手(青山学院大学)箱根7区
山口県 7区 末次慶太選手(明治大学)箱根1区
徳島県 3区 國行麗生選手(東海大学)箱根3区
愛媛県 3区 鈴木洋平選手(早稲田大学)箱根3区
愛媛県 7区 鈴木健吾選手(神奈川大学)箱根2区
福岡県 3区 鬼塚翔太選手(東海大学)箱根1区
佐賀県 3区 光延誠選手(早稲田大学)箱根9区
大分県 7区 大塚祥平選手(駒澤大学)箱根5区
鹿児島県 3区 永山博基選手(早稲田大学)箱根2区
 
以上の32選手が出走予定です。
 
果たしてどこが勝つのか!
明日12時半スタートです。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 
2017年01月21日 19:27 |コメント|

今週末は都道府県男子駅伝です。

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

1月22日(日)12時半から、広島で天皇杯第22回全国男子駅伝(通称都道府県駅伝)が開催されます。
 
先週の女子に引き続き今週は男子
女子駅伝のように雪がふらないことを第一に祈りつつ、当日は当院に何度か治療に来ていただいた選手も様々なチームから数名出場予定ですので、治療の合間にでも、テレビを見ながら応援したいと思います。
 
大阪チームからは
社会人
・竹ノ内佳樹選手(NTT西日本)【関大一高→日大】
・山中秀仁選手(HONDA)【興国高校→日体大】
・高砂大地選手(中央学院大学)【関大北陽高校】
全員高校時代を大阪で過ごし、箱根駅伝を経験している選手たちです。
主催者予想では山中選手が3区・高砂選手が7区と予想されています。
 
高校生
・小林歩選手(関大北陽)→駒沢大学へ進学予定
・中村雅史選手(関大北陽)→法政大学へ進学予定
・北崎拓矢選手(関大北陽)→神奈川大学へ進学予定
・平野康太郎選手(清風)
(進学情報は陸上競技専門誌で公表されている内容のみ抜粋)
都道府県駅伝最終選考会での上位4名がエントリー
その時の記事はこちら
主催者予想では1区に小林選手、5区に中村選手、4区に北崎選手となっていますが、エントリーメンバー4名の5000m自己ベストはほとんど変わらないので、当日調子の良いメンバー3名が出走するのではないでしょうか。
 
中学生
・藤川雅之選手(田尻中)
・田中駿祐選手(金剛中)
・吉崎舜選手(池田中)
中学生は3000mで全中に出場した8分台の自己ベストを持つ藤川選手と田中選手に加え、都道府県駅伝最終選考会でトップ、ジュニアオリンピック最終選考会でも勝っている池崎選手の3名
都道府県駅伝最終選考会の記事はこちら
主催者予想では2区に藤川選手、6区に田中選手の予想です。
 
主催者予想をまとめますと
1区 小林歩選手(関大北陽)
2区 藤川雅之選手(田尻中)
3区 山中秀仁選手(HONDA)
4区 北崎拓矢選手(関大北陽)
5区 中村雅史選手(関大北陽)
6区 田中駿祐選手(金剛中)
7区 高砂大地選手(中央学院大学)
 
以上になります。
果たしてどれだけ主催者予想が当たるのか。
 
例年15〜25位あたりであることが多い大阪です。
第7回大会以来の一桁順位、入賞を目指して頑張って欲しいですね。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 
2017年01月20日 10:36 |コメント|

練習の量と質はどちらを重視していけばいいのか、お答えします。

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

最近、練習メニューの相談を受けることが増えてきましたが、その際に必ず受ける質問が「練習は量と質どちらが大切ですか?」というもの
 
今日は陸上競技の練習における練習は量と質どちらを重視するべきか?ということについて書いていきます。
 
考えるべきことは
・量とは何か
・質とは何か
・自分たちが求めるものは何なのか
ということです。
 
一つずつ考えていってみましょう。
 
・量とは何か
陸上競技でいう量とはすなわち「走った距離」ですね。
 
・質とは何か
ここについては様々な意見があるとは思いますが、一般的には「スピード」を質といっていることが多いように感じます。
 
次に考えるのは「練習の中身」です。
これ自体を「質」と言ってしまうこともできますが、ここでは分けて考えるために、「練習の負荷」という言い方をします。
 
練習の負荷は、量が上がっても、質が上がっても負荷は上がります。
 
例えば200m×5本 レスト5分 ペース27秒 という練習を想定します。
ここで、量を増やし負荷を上げる。となると、200m×6本もしくは300m×5本になりますかね。
質を上げて負荷を上げる。となると、ペース26.5秒になりますね。
どちらも練習の負荷が上がっています。
もっと言えば、レストを短くする。というのでも負荷は上がりますね。
 
では、どちらがいいのか。
 
これは、何を鍛えたいのか?によります。
当たり前ですが。
 
雑な言い方で表現するのであれば(本来は使いたくない表現ですが)、量を増やすと広い意味でのスタミナが付き、質を上げると広い意味でのスピードが付くと言えるでしょう。
本当はもっと細かく考える必要がありますが…
 
年間計画を考える中で、スタミナをしっかりつける時期もあるでしょうし、スピードをしっかり出していく必要がある時期もあると思います。
それぞれの練習意図(こういう能力を鍛えたい)が先にあって、そしてメニューが決まるべきです。
 
しかし、各種目ごとに量質ともに限度というものはあると思います。
 
例えば200m21秒台を目指す選手がいくらスタミナを付けるといっても200m30秒のペースでで本数を重ねるのは合理的ではないと思いますし、マラソン選手がやるような3000mのインターバルを行うのも合理的とはいえないと思います。
 
練習は量か質かを考える前に、まず考えるべきなのは「何を強化するための練習なのか」ですよね。
 
何のために練習をするのか。
何を鍛えるために練習をするのか。
そこを鍛えるためにはどのような負荷をかける必要があるのか。
そして、今の自分の能力を考えたときに、どれだけの負荷をかける必要があるのか。1週間・1ヶ月のスケジュールを考えたときに、怪我のリスクを出来るだけ下げて、なおかつ出来るだけ効果的な負荷をかけるには…ということを考えて、負荷を決定する必要があります。
 
今の自分が求めるものは何なのか、未来の自分が目標を達成するために必要なものは何なのか。
その能力を鍛えるために、量を重視して負荷をかける練習が必要なのか、質を重視して負荷をかける練習が必要なのか。が必然的に決まってくると思います。
なので、量が大切か、質が大切かを最初に考えるのはおかしい。というのが結論になります。
 
納得いただけると幸いです。
なにか質問やツッコミがありましたら、お気軽に問い合わせフォームよりご連絡いただければと思います。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2017年01月19日 19:04 |コメント|

小さい頃から一つのスポーツのみに熱中するのはいいことなのか?

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

近年公園でのボール遊びが禁止されたり、危険だからと遊具が撤去されたりと、子どもたちが自由に遊び回れる環境は少なくなってきています。
 
それの影響なのか、幼稚園児や小学生低学年の年齢から対象になっているスポーツ教室が増えてきているように感じます。
 
大人の目がある中で、運動時間の確保という意味では素晴らしい試みだと思いますが、そこで新たに出てきたのが、早期の専門化による悪影響はないのか?ということです。
 
”アメリカ小児科医学会の発表によると、1つのスポーツでの専門性を若いうちから追求した競技者は、ストレスやバーンアウト、オーバーユース障害のリスクが高まり、その一方で複数のスポーツを行っている子供は、その後の人生において活動的であり続け、彼らの競技目標を達成しています。” JATI EXPRESS vol.56より引用
 
ストレスやバーンアウトなどは、自分の意志で行っているのか、親など周りに無理やり(本人は嫌なのに)やらされているのか、によっても変わるような気がします。
 
競技によっては小さい頃から始めていたほうが有利な種目もありますが、トップ選手の話を聞いていると、好きで始めて好きだからこそたくさん練習し(結果的に猛練習になり)結果が出て…という循環になっているような気がします。
 
いつまでも、楽しい、面白いだけで続けていけるほどスポーツの世界も甘くは無いですが、楽しみからスタートする、色々なスポーツを楽しみながら経験し、その中で自分が頑張れる種目を選択し、努力を重ねていくのがいいのではないかな。と感じます。
 
以前ブログでも書きましたが、やはり大切なのは、子供の「強くなりたい・上手くなりたい」気持ちを、大人の「強くしてやりたい・上手にしてやりたい」が超えないことだと思います。
常に一歩後ろで応援する、意欲が高まればそれに合わせた指導をする。ということが大切だと考えています。
 
楽しくスポーツを行おうと思っても、成長期の問題でどうしてもスポーツ障害が起きやすいのが成長期の子供
寝れば治るものもありますが、早めに専門家に相談したほうが良いこともあります。
 
まずは、ご相談だけでも結構です。
気軽にお問い合わせください。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2017年01月18日 20:00 |コメント|

当たり前って当たり前じゃないんです。

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

皇后杯第35回全国女子駅伝(通称都道府県駅伝)が1月15日に開催されました。
 
関西圏は前日夜から雪模様で、当日朝は雪が降り積もり、開催が危ぶまれましたが多くの補助員の方の必死の雪かき作業のおかげで、無事開催されました。
 
レース中一部雪が多く降った場所があり、その部分だけを多く取り上げられてしまっていましたが…気温はそこまで低くなかったですし(東北から来ていた知人によれば寒さは気にならなかったと言っていました)帽子を被るなり、アームウォーマーを装着したり、下に長袖のTシャツを着るなりの対策をしていれば気温や雪が降っていたことは問題なかったのかなと。
 
危険だったのは積雪によって足場が不安定になり、それによって起きる転倒などであったと思うのですが、その点は上記に書きましたように補助員の方々の必死の努力によって皆さん十二分にスピード感あふれる走りをしていたように感じました。
 
多くの選手がインタビューで補助員の方々への感謝の意を述べていましたが、このような大きな事件?と呼べるような自体が起きていなくても、あれだけ大きな大会を主催するには非常に多くの方々が関わり、手伝いが必要なんですよね。
 
人間なかなか普段当たり前に行われていることには感謝を感じにくいですが、当たり前なんて一つもないんだなと改めて感じました。
コケたときに(自分が困ったときに)手を差し伸べてくれる人に感謝することはもちろんですが、コケないように(困らないように)普段から見えないところで自分たちのために動いてくれている人たちがたくさんいることも忘れてはいけないなと、都道府県駅伝を通じて思い直すことができました。
 
男子駅伝は22日に広島で開催されます。
こちらも、とにかくいい天気になることを祈るのみです。 


physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 
2017年01月17日 15:58 |コメント|

NTTドリームキッズふれあい陸上教室に参加してきました。

0000437519.jpeg
こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

1月14日土曜日に開催されました、「NTTドリームキッズ」ふれあい陸上教室に中学生を連れて参加してきました。
 
NTTドリームキッズふれあい教室はNTT西日本陸上競技部の方が中学生に向けて行っていただく陸上教室です。
 
今回は約50名の中学生が参加されていました。
 
陸上教室では、まず走り方のアドバイスから始まり、その後実力ごとにAからDまでの4チームに分かてビルドアップ走
 
折角の機会だからと、上のグループに挑戦する選手もいれば、確実にこなせるようなチームに入る選手もおり、各学校の指導者の先生の考え方が表れていて個人的には興味深かったです。
 
ビルドアップ走のあとは、学校関係無しでタイムごとに均等にチームを分けての駅伝大会
 
一人2000mを4人でタスキを繋ぎました。
他の学校の選手と声を掛け合って、応援し合えたのはいい経験になったのではないでしょうか。
 
その後はデモンストレーションでNTT西日本陸上部の選手たちと1000mを2本
タイムが速かったのと、すでにビルドアップ+駅伝を行った後なので、すべてを付くことはできませんでしたが、途中参加したりしながら、楽しく実業団選手と競り合う体験ができたのは、貴重だったのではないでしょうか。
 
その後は室内に移動し、パラリンピック4位入賞の堀越信司選手からのパラリンピックについてのお話、そして中学生からNTT西日本陸上競技部の方への質問タイム。
中学生からの様々な質問に、一つ一つ丁寧にお答え頂きました。
 
普段なかなか実業団選手と接する機会のない中学生にとってはとても貴重な経験になったと思います。
 
NTT西日本陸上競技部の皆様、寒い中ありがとうございました! 


physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2017年01月16日 11:16 |コメント|

本日雪のため滑りやすくなっています。

0000437352.jpeg
こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

本日雪が降り積もる中、治療院からのブログ更新です。
 
一部地面が滑りやすくなっているところがありますので、本日治療の予約をされている方は十分お気をつけてご来院ください。
 
また、この雪に伴いキャンセルされる方はキャンセルのお電話をよろしくお願いします。


physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2017年01月15日 10:13 |コメント|

餅は餅屋を痛感した話

こんばんは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

今日の午前中に市役所に税金関係の話を聞きに行ってきました。
今年開業したので、確定申告など初めてだらけです。
 
はじめは自分でネットで調べながらやろうと思っていたのですが、ググってみても書かれた情報が古かったり、情報が断片的であったりと事前知識のない人間にはなかなか情報の取捨選択ができず、正しい情報を持っている人に直接教わるのが一番手っ取り早いと思って、市役所に行きました。
 
事前に調べた通りの部分も多くあったのですが、聞かないと分からなかった部分も多く、間違いを訂正する二度手間が省けたので、結果として行ってよかったなと感じました。
 
で、この話ですが、税金に関わらず全ての事に当てはまるだろうなと思いました。
 
例えば、怪我をした時に「怪我名 ストレッチ」や「怪我名 治療法」などで検索される方は少なくないと思います。
 
そうすると、たくさんの情報がヒットします。
しかし、全てが正解とは限りません。
当時は正解とされていたが、今は効果なしとされているような古い情報であったり、専門家以外の方が書かれている情報もあります。
同じ怪我でも、発生した状況が違えば、対処法も変わることがあります。
そこまで詳しく書かれた情報はネット上にはないことが多いですし、書いてあってもなかなか事前知識のない方が理解して実践することは難しいです。
 
もちろん自分なりに調べるということは大切ですが、やはり最後の最後は専門家に委ねるのが一番最速かつ最高の成果が出ますよね。
 
まずは自分で調べる。
分からなければ専門家に聞く。
専門家に委ねるタイミングが大切だなと感じた今日でした。 


physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2017年01月12日 20:53 |コメント|

前日刺激なんてする必要はありません。

こんばんは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

日本の陸上界、特に中長距離界では常識として扱われていることの多い「前日刺激」
中高生だと1000mをMax(もしくはそれに近いペース)で走ることが一般的なようです。
私が中学生の時にも行っていました
 
果たして効果はあるのかどうか。
少し考えてみました。
 
まず考えられるデメリット
・前日にエネルギーを使いすぎる
これが一番大きいと思います。
速いペースで1000mも走ると、エネルギー代謝も糖質優位でそれなりに使用されることが予想されます。
いわゆる疲労感は1000m1本程度では当日には残らないかと思いますが、エネルギーの回復は1日で間に合うのか?というところが疑問です。
 
考えられるメリット
・神経系に刺激が入る
速いスピードで走ることで、神経伝達のスピードが速くなり、いわゆる走りのキレが生まれる可能性があります。
刺激を入れるのに1000mが適切なのかどうかは分かりません。
糖質代謝がメインにならない、短い距離のダッシュでも十分のような気がします。

・ペース感覚の確認
これも試合に向けては大切なことではありますが、前日にやる必要があるのか?と言われると、うーん。という感じです。
 
・試合に向けて気持ちが入る
正直最大のメリットはこれなんじゃないかと思っています。
前日の儀式といいますか、これをやって、「よし!明日の試合がんばるぞ!」と気合が入る感じ。
中学生当時の私にはこの効果が一番だったような気がします。
 
以上をトータルで考えて、私は自身の選手には試合前日はジョグ+流し(短いダッシュ)程度で終わらせるようにしています。
 
これが必ず正しい!と言えるだけの科学的根拠はなかなか示すことができませんが、もしいつも同じ刺激で試合前日を過ごしているのであれば、
・そもそも刺激が必要なのか
・ペースや距離はそれでいいのか
などを検討しながら、記録会などで試し、必ず結果を出したい試合までに自分にとって最善の調整法を編み出してもらえるといいかなと思います。
 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2017年01月10日 15:09 |コメント|

吹田市駅伝

こんばんは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

本日は吹田市駅伝に中学校のチームを連れて参加してきました。
 
男子の結果は4位
エースの直前での練習以外でのケガがあり、ベストな形でオーダーを組めず、苦しい戦いとなりましたが個人個人今できることは出来たのではないかな。と感じています。
 
本来はもう少し上の順位を目指していたのですが、ライバルチームが予想以上に3年生を出場させていたので、100点の走りをしても順位は変わらなかったかないうのが正直なところです。
 
まだまだ上位チームとの差は大きいですが、着実に詰まってきていることは間違いないと確信できた試合でした。
 
次は2月のジュニア駅伝
今回より人数が一人増えて6人でタスキを繋ぎます。


physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2017年01月09日 16:39 |コメント|

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTモバイルサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!