physical conditioning center ACT

トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院
身体にあわせた施術を提供しています。

physical conditioning center ACT

HOME ≫ ブログ

ブログ

中学生の中長距離選手はどう指導する?という質問にお答えしました。

【お知らせ】
ACTは年末年始も休みなく営業しております!
冬の合宿明けの疲れ、大掃除での疲れ、1年間少しずつ溜まり続けた疲れを取りに是非いらしてくださいね!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

昨日Twitterの方で中学陸上部の中長距離を指導されている方から中学生の練習メニューの立て方、考え方についてご質問いただきましたので、こちらでも私の考えをお伝えできればと思います。
ご質問ありがとうございました!
 
現在私は、
・自身で運営している陸上チーム
・市内の中学校陸上部中長距離ブロックの外部指導員
・市内の小学生陸上クラブのコーチ
という3つの現場で陸上競技の指導をさせていただいています。
 
自分自身のチームでは練習時間、練習日から全て自分で設定できる環境
中学陸上部では、練習日、時間は顧問の先生が決められたものに、私が練習メニューを立たている環境
小学生チームでは、完全にサブのポジションなので、メニュー作成には一切関わっていない状態です。
 
ですので、私自身がメニューを作っている上2つのチームでのメニュー作成の考え方についてお話します。
 
まずはじめにお断りしておきたいのは、私自身まだまだ指導者として大きな実績を上げれているわけではないこと。
ですので、このやり方が絶対的だ!というわけではないこと。
もちろん、現在の私の知識と経験の中でこれがベストだと考えて行っていますが、今後変わっていくことは大いに有り得ること(むしろ枝葉の部分は常に進化し、変化し続ける必要があると思っています。)
もちろん、これ以外のやり方がダメだ!などとは一切思っていないこと。
以上を踏まえた上で、現在私はこういう考えのもとで行っているよ。というご紹介になります。
 
私が中学生を指導する上で注意していることは、
・成長期を妨げてはいけない
・嫌々やらせてはいけない
・選手の勝ちたい!の気持ちを指導者の勝たせたい!が上回ってはいけない
ということです。
 
中学生は男女ともに身体が大きく成長していく大切な時期です。
この成長期が来る時期は個人個人によって変わってきます。
入学時点から既に身体が大きな選手もいますし、入学時点では小さかったものの中学三年間で凄く身長が伸びる選手、中学卒業後に大きく身体が成長する選手など様々です。
女子選手の場合はそれに加えて、生理の発現という今後一人の女性として生きていく上で非常に大切な身体の変化が生まれてきます。
 
まずは、その成長期を見極めること。
成長期には十分なエネルギーを成長に回せるようにすること。
毎日疲労困憊で身体が回復するのに目一杯にならないようにすること。
これは決して厳しいトレーニングを行わない。とはイコールにはなりません。
キチンとトレーニング後に身体が回復し、尚且つ成長のために必要な休息も確保する。ということです。
ようはメリハリをつける。ということです。
 
ですので、私は週に2日程度はオフもしくは、かるーく動くだけの日を設けています。
 
よく1日休むと取り戻すのに3日かかる。と言われますが、あれは間違いなくウソです。笑
 
そして、練習量と強度に関してですが、ここで私が気をつけているのは、選手の能力と身体の成長の関係です。
成長期がまだ来ていないのでまだまだ遅い。という選手であれば、もちろん無理はさせません。
逆に成長期が既に来ており、身体もガッシリとしてきた選手に関してはそれに相応しい負荷をかける必要があります。
しかし、ここで注意したいのが、まだまだ成長期は来ていないにも関わらず速く走れる選手。
ついつい、指導者や周りの大人は期待をして強度の高い、負荷の高い練習をさせてしまいがちです。
本人も結果が出ているので一生懸命練習をします。
こういう場面が1番ケガのリスクが高いです。
彼らはちょっとやそっと足が痛いくらいでは練習を休みません。
また、指導者に熱意があればあるほど、強くしてあげたいという思いがあればあるほど、練習が厳しく、休みも少なくなってきます。
そこで少し我慢をして、能力に合わせた練習ではなく、成長度合いに合わせた練習の量に設定してあげると、順調に身体は成長していってくれます。
ただでさえ非凡な才能を持った選手が肉体的にもしっかり成長を果たせれば、更に良い結果を生み出します。
美味しい果実だからといって、早めに収穫してはいけません。その果実はもっともっと美味しくなります。
 
他にも細かく気にしている点は沢山ありますが、特に中学生世代の育成で気をつけているのは以上のような内容になります。
 
成長期は身体が変化しやすい時期で、どうしても起こってしまうケガなどもあります。
大切なのはならないように最大限予防を行うこと、そして痛みが出たら出来るだけ早く対応すること。
何かあれば、身体に詳しい専門家や運動の専門家からアドバイスを受けることをオススメします。
 
もちろんphysical conditioning center ACTでもバッチリと行っております。 


physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2016年12月17日 14:40 |コメント|

黒人選手の骨盤は前傾しているから速いのか?を少し調べてみました。

0000432395.jpeg
【お知らせ】
ACTは年末年始も休みなく営業しております!
冬の合宿明けの疲れ、大掃除での疲れ、1年間少しずつ溜まり続けた疲れを取りに是非いらしてくださいね!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

ランナーの方なら一度は聞いたことがあるかもしれない話が、「黒人選手は骨盤が前傾していて、だから速いんだ」という話。
これ、事実なのでしょうか?
 
面白い画像を見つけたので、一つ貼っておきます。
1番左が現5000mと10000mの世界記録保持者ケネニサ・ベケレ選手
真ん中がベケレ選手の前の世界記録保持者ハイレ・ゲブレセラシエ選手
1番右がロンドン五輪・リオ五輪で2大会連続長距離種目2冠を果たしたモハメド・ファラー選手
 
まず考えていただきたいのは、骨盤の前傾とは何に対しての前傾なのか。というところ。
 
地面に対しての前傾なのか。
それとも上半身に対しての前傾なのか。
 
まず、地面に対しての骨盤前傾を見てみましょう。
ベケレ選手とゲブレセラシエ選手は地面に対して前傾になっていそうです。
ファラー選手は地面に対してほぼ平行のように見えます。
 
続いて上半身と骨盤との関係について
これは3選手とも上半身に対して、ほぼ垂直ではないでしょうか?
 
となると、これは骨盤が前傾しているのではなく、ベケレ選手とゲブレセラシエ選手は前傾姿勢を取っている。ファラー選手に関しては、ほぼ垂直である。といえるのではないでしょうか。
 
あくまでも静止画を一枚切り取っただけなので、この画像から言えることは少ないですし、どうしても推察が多くなってしまいますが、世界のトップに立った事がある選手(そのうち2選手は現在も世界の頂点で日々戦っている)がこのような状況なので、少なくとも【骨盤が前傾していないと速く走れない】ということは否定出来るのではないでしょうか。
 
ご自身でその場で行ってもらうと分かるかと思いますが、上半身に対して骨盤を前傾させると、腰に負担がかかりますし、腹筋にもうまく力が入らないんですよね。
いわゆる体幹を使った走りは難しくなってしまうのではないでしょうか。
 
それにしても、3選手とも胸板が相当分厚い…
 
選手が試合の動画を持ち込み、治療後にあーだこーだ言いながらフォームについて話をする。
これ、physical conditioning center ACTあるあるです。笑
フォームの指導もやっています。

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2016年12月16日 15:30 |コメント|

大腿四頭筋の肉離れとは?

0000432253.png
【お知らせ】
ACTは年末年始も休みなく営業しております!
冬の合宿明けの疲れ、大掃除での疲れ、1年間少しずつ溜まり続けた疲れを取りに是非いらしてくださいね!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

今回は大腿四頭筋(前もも)の肉離れについて
 
大腿四頭筋の肉離れの発生率はサッカー選手に多く、競技によるもののハムストリングの次に多いというデータがあります。
 
大腿四頭筋が肉離れを起こすのは、先程あげたようにサッカーで特に多いのですが、その理由はキック動作の際に多いようです。
 
ということは、サッカー以上にボールを全力で蹴るスポーツはなかなか無いですが、アメフトやラグビーなどでも発生しやすいケガなのかな。と感じますね。
実際ACTにもラグビー選手で大腿四頭筋の肉離れの選手が過去に来たことがあります。
 
また、キック動作ではないですが、スプリント動作で膝下を伸ばすような選手はキック動作に似たような動きになりますので、大腿四頭筋(前もも)の肉離れの可能性はありそうですね。
 
大腿四頭筋の肉離れも、ハムストリングス同様に重症度によって復帰までかかる日数は変わってきます。
このあたりは、同じ筋肉ですから当然ともいえますかね。
範囲が狭い損傷の場合は短時間での復帰も可能ですが、範囲が広くなると大きく時間がかかります。
ハムストリングスの時には簡便なテストで大まかな損傷具合が分かりましたが、大腿四頭筋に関しては当院では整形外科テストでの判断は難しいと考えており、MRI画像での診断を推奨しております。
 
ATCで行うスポーツ鍼灸治療では、ハムストリングスの肉離れと同様に、初期には痛みの緩和、その後はマッサージも組み合わせながら、柔軟性の獲得(緊張の緩和)や循環を良くすることでの回復の促進などをおこなっていきます。

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2016年12月15日 18:26 |コメント|

スポーツ鍼灸マッサージ治療院と書かれたガラスフィルムを貼っていただきました。

0000432127.jpg
【お知らせ】
ACTは年末年始も休みなく営業しております!
冬の合宿明けの疲れ、大掃除での疲れ、1年間少しずつ溜まり続けた疲れを取りに是非いらしてくださいね!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。
 
本日朝から先程まで、ACTの内装デザインから工事まで全てお願いしている㈱不動建装様にお願いして、入口のガラスドアにフィルムを貼って頂きました。
 
来ていただいた方はよく分かるかと思うのですが、ACTは外から見ると一体何屋か分からないんです笑
 
表の立て看板にはスポーツ鍼灸マッサージ治療院と表記はしてあるものの、いざ店の目の前まで行くと、physical conditioning center ACTの文字とロゴのみ。
外から覗くと見えるのはトレーニングスペースのみ。
 
というわけで、今回このようなガラスフィルムを貼ることになりました。
 
ACTはスポーツ鍼灸マッサージ治療院ですので、よろしくお願いします。
トレーニングもガツガツ行えますが、スポーツ鍼灸マッサージ治療院です。
陸上のフォーム指導とかしてますが、スポーツ鍼灸マッサージ治療院です。
 
一風変わった治療院ですが、今後ともよろしくお願いします。笑 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2016年12月15日 09:53 |コメント|

鍼灸院と整骨院と整形外科の違いって何?にお答えしました。

【お知らせ】
ACTは年末年始も休みなく営業しております!
冬の合宿明けの疲れ、大掃除での疲れ、1年間少しずつ溜まり続けた疲れを取りに是非いらしてくださいね!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。
 

本日来院された方に、
「整骨院とACTのような鍼灸院と整形外科って何が違うの?」
とご質問頂きました。
 
この質問、実は定期的に受ける質問なので、これを気に簡単にまとめておこうと思います。
 
整骨院と鍼灸院と整形外科の違いは簡単に言うと資格の違いです。
そして、資格が違うので、出来ることも違います。
 
まず、私が運営している鍼灸マッサージ院
こちらは、
・はり師きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
という2つの国家資格が必要です。
共に、専門学校に通い、そして国家試験を受験し、合格することで厚生労働省から認可を受けます。
はり師きゅう師の資格を持っていると、その名の通り、鍼を打つことが出来ます。灸を据えることが出来ます。
あん摩マッサージ指圧師の資格を持っているとあん摩マッサージ指圧を行うことが出来ます。
逆に言えば、この資格を持っていない人が行うことは法律に違反しています。
ただし、後にも書きますが、医師はこの限りではなく、全て行うことが出来ます。(専門の教育は受けてはいませんが。)
 
なので、はり師きゅう師の資格だけを持っている方は鍼灸院
あん摩マッサージ指圧師のみの資格を持たれている方は指圧院やマッサージ院と名乗るケースが多いです。
鍼灸治療やあん摩マッサージ指圧治療では、基本的には健康保険を利用した治療行為は出来ません。
行えるのは、特定の疾患(リウマチなど)で、尚且つ医師から同意書を得ている場合のみとなります。
これは後に記述します、整骨院でのあん摩マッサージ指圧師が行うマッサージも同様です。
 
そして、注意していただきたいのが、駅前などにある60分◯◯円〜と看板の出ているタイプのリラクゼーションサロンや整体院
こちらは、資格に関係なく行っている場合があります。
あのような施設で提供されているのは「慰安行為」と呼ばれるもので、「治療行為」ではありません。
もちろん、研修などをしっかりされている企業様も多くありますし、独学で勉強されている方も多いので、決して腕が悪いわけではありません。
ただ、国家資格を保有しているわけではないので、解剖学や生理学、そして臨床論などを【全員】が学んでいるわけではないということです。
 
どちらが良い悪いというわけではなく、このあたりもしっかりと違いを理解していただき、上手く使い分けていただく事が必要だと思います。
 
私は鍼灸あん摩マッサージ指圧の資格が取れる専門学校に3年間通い、座学に加え、実技の授業で、「安全に」施術を行う方法を学びました。
国家資格を持っているということは、最低限の知識や技術が担保されている。というような考えを持っていただけると良いかと思います。
 
少し話が逸れましたが、続いては整骨院
整骨院もしくは接骨院という言い方、表記をされているところもありますが、基本的には同じ資格です。
それは柔道整復師。こちらも国家資格です。
これは、急性の捻挫・骨折・脱臼などを治療する専門家です。
私はこの資格は有しておりません。
急性というのは、例えば人とぶつかったとか、重い荷物を運んでて急にグキッとなったとか、そのような何か一つの事がキッカケで起こった症状の事です。
それらの症状に対して整骨院では健康保険を使用して施術・治療を受けることが出来ます。
ですので、【整骨院=なんでもかんでも保険】が使えるわけではない事をご注意ください。
また、骨折の際の骨の整復や脱臼の整復(いわゆる【はめ直す】作業)は柔道整復師と医師しか行うことが出来ません。
ですので、脱臼された方がACTに来られましても、私は整復を行うことが出来ません。
それは、法律で定められていますし、学校でそのための専門教育を受けていないからです。
ですので、その際は整骨院や整形外科に行っていただくことになります。
それと同様に、柔道整復師さんもマッサージや鍼灸治療を行うことは認められていません。
私の整復の件と同じように、法律上の問題もありますし、専門的に習っていないといのもあります。
ただし、整骨院の従業員さんの中には柔道整復師の他にはり師きゅう師の免許を保持されている方や、あん摩マッサージ指圧師の資格を保持されている方がおられることもありますから、その際にはACTと同じように自費診療(健康保険を使用しない施術)として鍼灸治療やマッサージ治療を受けることが可能です。
 
鍼灸師と柔道整復師両方の免許を持たれている方が開いている院は鍼灸整骨院(鍼灸接骨院)と表記されている場合が多いように感じます。
 
最後に整形外科
こちらを開くには医師免許が必要です。
つまりお医者様です。当然国家資格です。
整形外科でないと出来ないことの代表はレントゲンやMRIなどですね。
骨が折れているのかどうか、肉離れがどれだけ深刻なのか。
などはやはり画像で見ることが1番確実です。
 
当院でも様々な徒手検査を行うことで大まかな損傷具合等はチェックしますが、最終的に明確な判断が必要な場合は整形外科に行ってもらっています。
 
最後に簡単にまとめておきますと
 
鍼灸院には、はり師きゅう師がいます。
はり師きゅう師は基本的には実費診療で鍼灸治療を行います。
 
あん摩マッサージ指圧院(名前は違うことが多いです)
あん摩マッサージ指圧師は基本的には実費診療であん摩マッサージ指圧治療を行います。
 
上記2つはそれぞれの資格保有者or医師以外は行うことが出来ません
 
整骨院には、柔道整復師がいます。
柔道整復師は急性の捻挫・骨折・脱臼等に対して【健康保険】を利用して治療を行うことが出来ます。
また、実費診療で上記2つの治療以外の治療(電気をあてたり、運動療法など)を行っている院もあります。
骨折・脱臼の整復は柔道整復師or医師以外は行うことが出来ません。
はり師きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の免許を持っている方であれば、実費診療でそれらの治療を行うことももちろん可能です。
 
整形外科には、整形外科医(医師)がいます。
医師は、上記にあげた全ての施術を行う権利を有しています。(実際に学んでいるか、施術するかは別問題です)
整形外科ではレントゲンやMRIの撮影等を行うことが可能です(全ての医院にその設備がある保証はありません)

もし、ここはどんな事をしてくれるのだろう?どんなことが出来る資格を持っているのだろう?と不安な時には、どの様な資格を持っているのか訪ねてみるといいかもしれませんね。
参考になりましたら、幸いです。
 
スポーツ鍼灸マッサージ治療院ACTでは、はり師きゅう師とあん摩マッサージ指圧師の国家資格を持つ代表ヒライが、実費診療で皆さん一人一人の身体の状況に合わせた施術を行っております。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2016年12月14日 18:06 |コメント|

毎日練習後にアイシングしてますか?

【お知らせ】
ACTは年末年始も休みなく営業しております!
冬の合宿明けの疲れ、大掃除での疲れ、1年間少しずつ溜まり続けた疲れを取りに是非いらしてくださいね!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

練習後にアイシングってやってますか?
何を目的に行っていますか?
 
確かにアイシングをすると疲れがとれた「感」は出ることが多いように感じます。
しかし、「ケガの対処」としてのアイシングと、「普段のトレーニングケア」としてのアイシングは同じように考えて良いのでしょうか?
 
アイシングをすると痛みが少なくなることは証明されています。
しかし、何度もブログでもお話しているように、痛みが少なくなった=完治に近づいたとは言えない場合もあります。
この場合ですと、温度が下がり、神経伝達が遅くなることで痛みを感じにくくなっただけ、と考えられるからです。
また、アイシングでは冷やされることで、一時的に血流量が減ります。
捻挫などの怪我をした時にアイシングを施すのは、この血流量を減らし、内出血などの進行を止めるためだと言われています。(これについても。近年では賛否両論あります。)
しかし、リカバリーの面で考えると、筋肉や神経を回復させるために必要なのは栄養。
栄養素をはこぶのは血液です。
血流量が減少するということは、栄養が上手く伝達されないとも言い換えることが出来ます。
 
トレーニングをすることで、体内では多くの物質が作られ、身体を巡っていきます。
その物質によって疲労感を感じたり、痛みを感じたり、トレーニング効果となったりもするわけです。
 
疲労感や痛みの原因物質を流してしまうのと同時に、身体をより強くするための物質も流してしまうとしたら、非常にもったいないですよね。
 
この分野はまだまだ明確な結果が出ていない分野でもありますが、現在の私自身の考えとしては、スポーツ障害になっている選手が一時的に痛みを取り去る手段以外ではアイシングは推奨しない考えです。

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2016年12月13日 14:58 |コメント|

私が運営する陸上チームACTについて

0000431455.jpg
【お知らせ】
ACTは年末年始も休みなく営業しております!
冬の合宿明けの疲れ、大掃除での疲れ、1年間少しずつ溜まり続けた疲れを取りに是非いらしてくださいね!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

私が運営する陸上チームについて最近お問い合わせをいただくことが増えましたので、こちらでも少し紹介しておこうかと思います。
 
まず、クラブチームというようなご説明をさせていただくことが多いですが、実際にチームとして陸協登録は行っておらず、各自の所属先の登録もしくは陸協に個人登録していただいて、大会には参加していただいています。
チームとして試合に参加することがないので、チーム名はあってないようなものです笑
チームヒライと呼ぶ方もいます。笑
 
イメージとしては学習塾に近いような感じでしょうか。
学習塾が学校の勉強を更に補強する場であるように、当チームも学校の練習を補強する形で行っている選手がいます。
 
練習はチーム全体としての練習は火曜日と金曜日の19時〜21時まで吹田市総合運動場で行っています。
総合運動場は土の400mトラックです。
ですので、練習は雨天中止となっています。
 
その他にも、個別でマンツーマンで練習を見ることもあります。こちらはパーソナルトレーニングの扱いでお受けしています。主に社会人の方はこのパターンです。
 
メンバーとしては常に流動していますが、最大10名程度で少人数で行っております。
3〜4人なんてこともザラにあります。
むやみに人数を増やさないのは、【個別のニーズに対応したメニューを立てる】【全員を確実に成長させる】事を目指しているためです。
人数が多くなるとどうしても最大公約数的な練習になりがちですし、そうなると【全員】を最大限伸ばすことは難しいのではないかな。と考えているためです。
 
人数が多いことによるメリットも、もちろんありますが、所属先が違うと一人ひとり状況が違うことが多いので、このような形にしています。
 
メンバーの中には
・学校に陸上部が無くて、こちらの練習だけで試合に参加している選手
・学校に陸上部があるものの、練習量が足りないと感じていて、部活後にこちらで足りない部分を補っている選手
・学校に陸上部があるものの、自分に今必要な練習が部活の練習と噛み合わないので、部活後こちらでそれを補う選手
・普段は学校で練習しているが、なにか上手くいかないこと(技術面や身体面)が起きたときにだけアドバイスを求めに来る選手
・テスト期間中など、部活がない期間だけ練習しにくる選手
 
学生だけでもこれだけの種類の様々な状況の選手が来られます。
ですので、個別にメニューを立てざるを得ない状況でもあったりするのです。
 
もちろん、内容によっては同じメニューになることも多々あります。
 
社会人の方は
1 カウンセリング
2 メニュー作成
3 随時連絡を取りながら、各自で練習してもらう
4 月に一回程度練習を直接見て動きの修正・意識感覚のすり合わせ・メニューの修正
という流れが一般的です。
 
基本的にはどのような形にでも対応できるようになっていると自負しております。
 
学校部活動に参加している選手は、もちろん部活動が最優先です。
学習塾に通っているから、学校の授業を受けなくていい。なんてことはありません。
しかし、部活動の顧問の先生の中には、陸上競技の知識や経験に乏しい方も、一定数おられることも事実です。
私も教育実習を受け、教員免許を取得しておりますが、教員の先生方は日々お忙しく、陸上競技の専門的な勉強にまで手が回らないことも重々承知しています。
ですので、そういった部活動の中で意欲はあるけれどもどうにも上手くいかない。という選手にアドバイスをさせていただく場を。ガムシャラに頑張るのではなく、適切に頑張れる場を。と思い、このような集まりを提供させていただいています。
 
詳細はHPにてご確認いただくか、直接お問い合わせいただければと思います。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2016年12月12日 14:17 |コメント|

日清食品カップ第19回全国小学生クロスカントリーリレー研修大会の応援に行ってきました。

0000431370.jpg
【お知らせ】
ACTは年末年始も休みなく営業しております!
冬の合宿明けの疲れ、大掃除での疲れ、1年間少しずつ溜まり続けた疲れを取りに是非いらしてくださいね!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

昨日は中学生の都道府県駅伝選考会
今日は【日清食品カップ第19回全国小学生クロスカントリーリレー研修大会】へ応援に行ってきました。
 
私は吹田陸上クラブのコーチとしても活動していますが、普段はなかなか時間が取れず、他のコーチが必ず帯同してくださることもあって、小学生の試合は観に行けていないのですが、この全国大会だけは必ず参加するようにしています。
 
小学生ですから、まずは楽しく。
陸上競技を好きになってもらうことが大切。
そして、その中で生まれた「負けたくない」「勝ちたい」「もっと速くなりたい」
この気持ちを指導陣や保護者の方々が丁寧に応援してあげることが大切だと考えています。
 
まだまだ身体が出来上がっていない、成長期にすら入っていない子もいるのが小学生
勝てば何でもよし。勝つためにはなんでもする。は絶対ダメです。
けど、陸上「競技」である以上、勝たなくても良い。というのは少し違和感があります。
 
大切なことは、子どもの勝ちたい欲を大人の勝たせたい欲が上回らないようにすること。
主役は子ども。子どものやる気をサポートすることが大切。
 
それで勝てればそれは素晴らしい。
一生懸命やって負けてしまっても、それも良し。
楽しく出来たなら、それで良し。
 
そんな事を考えながら、日々子どもたちを応援しています。
 
小学生は身体が急激に変化する時期
どうしても痛みが出てきてしまうこともあります
身体の使い方や動かし方、走るフォームなどが問題のこともあります
 
ACTではスポーツマッサージや鍼灸治療、ハイボルテージと呼ばれる電気療法を使い痛みを抑えると同時に、ストレッチや運動療法なども併用し、再発の予防にも繋げていきます、
 
将来有望な小学生にも数多くご来院頂いております。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2016年12月11日 19:13 |コメント|

大阪中学都道府県駅伝最終選考会(女子)in万博記念競技場

0000431228.jpg
【お知らせ】
ACTは年末年始も休みなく営業しております!
冬の合宿明けの疲れ、大掃除での疲れ、1年間少しずつ溜まり続けた疲れを取りに是非いらしてくださいね!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

続きまして女子
 
男子はこちらにまとめてあります。
 
女子は1500mで全中に出場している峰塚中学の上野選手+今日で2名+1.2年生から育成枠として2名選出されるようです。
 
こちらは定刻通りにスタート(タイムはストップウォッチでの手動計測なので、あくまでも参考程度としてください。)
 
400m-75’3
先頭を引っ張るのはJO3000m代表で3000mの持ちタイムトップの田村(浜寺南)
 
800m-2’33(78”5)
先頭は田村
その後ろに上野(峰塚)
昨年既に都道府県駅伝を走った経験のある佐藤(取石)
2年生の澤(東陽)土井(豊中三)
 
1000m3'14
集団は変わらず
 
1200m-3’53(80”1)
80秒にペースが落ちたところで後ろから大阪中学駅伝1区区間賞の芹生(蹉跎)が追いつく
先頭は田村・佐藤・上野・澤・土井・芹生
 
1600m-5’13(80”1)
ペースに変動は無いものの、集団が少しバラけ始める
先頭は田村・佐藤・上野
少し離れて澤
更に後方に芹生・土井
 
2000m-6’34(80”9)
ここで、先頭が田村一人に。
少し離れて佐藤
上野に澤が追いつく
後方には芹生・土井
 
2400m-7’56(81”4)
ペースは上がらないものの、後ろとの差は開いていく。
隊形は変わらず。
 
2800m-9’16(79”9)
田村・佐藤の順位は決定的になる差
後方では芹生が上がってきて上野に並ぶ
そしてその後ろは澤・土井
 
3000m
最終ゴール
田村(浜寺南)9’55”62
佐藤(取石)10’05”50
上野(峰塚)10’12”40
芹生(蹉跎)10’14”47
澤(東陽)10’18”53
土井(豊中三)10’20”24
 
こちらも詳細は大阪中体連HPにて。
こちらは、上野+今日の上位2名田村・佐藤に1.2年生の上位2名澤・土井となるのでしょうか?
女子は高校実業団が非常に充実しており、近年は毎年優勝候補に数えられていますから、中学生にとってもとても良い経験になるでしょうね。
 
都道府県女子駅伝は1月14日
京都で行われます。
非常に楽しみですね。
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2016年12月10日 18:17 |コメント|

大阪中学都道府県駅伝最終選考会(男子)in万博記念競技場

0000431227.jpg
【お知らせ】
ACTは年末年始も休みなく営業しております!
冬の合宿明けの疲れ、大掃除での疲れ、1年間少しずつ溜まり続けた疲れを取りに是非いらしてくださいね!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

先週の高校生の選考会に続き、今日は中学生の選考会
 
まずはじめに男子から。
選ばれし20名の選手
持ちタイムは全選手9分20秒を切る。
 
アナウンスによると、田尻中学の藤川選手と金剛中学の田中選手は持ちタイムなどの関係で既にメンバー入りが決まっており、その二人+今回の選考会で3人が選ばれ、合宿などを通じて最終的に選ばれた2人が駅伝を走ることになるそうです。
 
定刻より少し早くスタート(タイムは手元のストップウォッチでの計測なので若干誤差はありますのでご了承ください。)
 
400mは69”1
 
800mの通過は2’20(71”7)
先頭集団は11人程度。縦長の集団に。
 
1000mは2’56
田中(金剛)・辻野(片山)・田村(信太)が少し抜け出す。
 
1200m-3’32(71”4)
依然先頭は変わらず
 
1600m-4’47(74”8)
ここでペースが落ちる。
辻野が離れ、後ろから吉崎(池田)が追いつく
先頭は田中・田村・吉崎の3人に
 
2000m-6’04(77”3)
この1キロが3’08
更にペースが落ち、諏訪(浜寺南)伊藤(城陽)も追いつく
先頭集団は田中・田村・吉崎・諏訪・伊藤
 
2400m-7’18(73”5)
ペースダウンに痺れを切らした田村が先頭に。
73”5までラップを戻す
先頭は田村
少し空いてそれを追う吉崎
更に後ろに諏訪・伊藤
 
2800m-8’31(73”3)
先頭を走る田村についに吉崎が追いつき、前に出る
田村も必死に食らいつく
その後ろも諏訪と伊藤のデットヒート。
 
3000m
最終ゴール
吉崎(池田)9’06”41
田村(信太)9’06”68
諏訪(浜寺南)9’12”88
伊藤(城陽)9’18”10
中平(太田)9’23”13
水本(峰塚)9’23”55
 
詳細は大阪中体連HPにてご確認ください。
最初のアナウンスの通りだと、藤川+田中に今回の上位3位:吉崎・田村・諏訪を加えた5人で今後切磋琢磨しあい、メンバー争いを繰り広げていくのでしょうか?
 
藤川・田中の3000m8分台コンビにJO代表の吉崎、唯一の二年生の田村、そしてここに来て自己ベストを更新し、メンバー入りを果たした諏訪
ここからでもグイッと成長してくる選手が出てくるのが成長期の中学生
誰が走れるのか、まだまだ分かりませんね。
 
都道府県男子駅伝は1月22日
広島で開催されます。
楽しみに待ちたいところです。
 
少し長くなってきたので、女子は次で書きますね。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

2016年12月10日 18:16 |コメント|

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTモバイルサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!