physical conditioning center ACT

トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院
身体にあわせた施術を提供しています。

physical conditioning center ACT

HOME ≫ ブログ

ブログ

神戸マラソン

おはようございます。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院代表のヒライです。
 
昨日は神戸マラソンが開催されましたね。
 
普段からACTに治療に来られている方も多くご参加されていました。
 
私も時間を見つけながらランナーズアップデートhttp://p.kobe-marathon.net/で途中経過を確認しながら、サンテレビではテレビ放送もされていましたので、そちらの方もちら見しながら、働いておりました。
 
テレビでの情報や、走られた方のお話を聞く限り、例年よりも気温が高く、マラソンを走るには少し厳しい条件でのレースであったようですね。
 
そんな中でも、完走率96.1%は本当に素晴らしいと思います。
フルマラソンはどれだけ練習を積んでも苦しいものです。
 
完走された皆さん。本当にお疲れ様でした。
 
今シーズンは神戸マラソンで終了の方も、今後もう1つ2つレースが続く方も、より早い回復が次に向けてのカギとなります。
 
本日、マラソン明けの方のケアが多く入っていますが、まだ少し空きコマの方ありますので、お気軽にご連絡ください。
 
また、今週水曜日11月23日の祝日もACTは通常通り営業しておりますので、平日お忙しい方はそちらもご利用ください。
 
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!

 
2016年11月21日 10:51 |コメント|

日体大の集団行動を見に行きませんか?

0000426544.jpg
私の母校日体大の集団行動、ご存知ですか?
 
こういうやつです。
 
一糸乱れぬ動き、斜めでのクロスなどはテレビでも多く取り上げられていますよね。
 
なんと、今回この日体大の集団行動を含めた実演会が12月3日(土)に大阪市中央体育館で開催されます。
 
大阪で開催されることはめったにありませんから、興味のある方は一度生でご覧いただくことをオススメします。
公にチケットの配布はされていませんが、同窓会枠で数枚チケット確保できていますので、ご来院頂いている方で興味のある方はお声掛けください。
 
もちろん無料です。
 
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!

 
2016年11月20日 17:22 |コメント|

アンダーアーマーシークレットセールに行ってきました

0000426127.jpg
みなさんこんにちは。
今日は午前中の空き時間を使って天満橋駅近くのOMMビルで開催されたアンダーアーマーのシークレットセールに行ってきました。
 
招待状を頂いていたので、行ってきましたが着くと既に長蛇の列。
セール会場に入るまでの時間は30分(笑)
中に入ると、とにかく人人人
 
欲しい商品を手に取り、レジに向かう列へ。
ここが更に長蛇の列(笑)
レジまでも30分
レジまでの列の途中で良さそうなものを見つけてしまうと、つい買ってしまいますね。
 
最終的には
ベンチコート
ジャージ上下
サプリメント
ランニングシューズ
テーピング
これらのものを購入しました。
 
価格的にも納得の値段でした(*^^*)
 
次回は夏にも開催されます。
招待状1枚で4名まで同伴出来ますから、興味のある方はお声掛けいただければ。
一緒に行きましょう\(^o^)/
 
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!

 
 
 
2016年11月18日 14:59 |コメント|

産後の骨盤矯正って必要なんですか?

最近、出産後の間もない方の来院が偶然にも続きまして、その時に質問を頂いたのが「産後の骨盤矯正って意味あるんですか?」というものです。
 
今日は産後の骨盤矯正の効果についてお話したいと思います。
 
まずはじめに、なぜ産後の骨盤矯正が巷では推奨されているか、ということについて。
産後には骨盤が歪むと言われていますが、これは妊娠中に排出されるホルモンの影響で、靭帯がゆるくなるために起きるものです。
骨盤は一つの骨で出来ているわけではなく、複数の骨が靭帯によって組み合わさって出来ています。
なので、骨と骨を結合していた靭帯が妊娠時に増えるホルモンによって靭帯が緩み、骨盤が「若干ずれる・開く」と言う表現が適切かもしれません。
 
足の長さの比較をして、骨盤が歪んでいる!という方もおられるかもしれませんが、誰しも大なり小なり長さに差はありますし、ちょっとしたテクニックで差があるように見せることも可能です。
ましてや、日常生活に支障が出るレベルの痛みが発生している場合、これは我々医療従事者の範疇ではなく、整形外科医(医師)の範囲になります。
 
出産のときには骨盤がずれる・開く、という話を上記でしましたが、基本的には産後2ヶ月ほどで元に戻ります。
ズレっぱなし、ということは基本的にありませんし、産後に靭帯の緩みが戻った状態でもズレているのであれば、それこそ整形外科の領域・手術案件になります。
徒手で治すことは不可能です。
 
でも、骨盤矯正を受けたらスッキリした!変わった!という方もおられると思います。
それは骨盤周囲の筋肉の作用です。
骨盤の底にある、骨盤底筋群という筋群は緩みやすいんです。
 
特に女性ですと膣もありますし、排便の時にも重要な筋肉です。
 
ここの筋肉が緩んでいくと、骨盤の下を支える力が弱くなり、お尻の筋力が弱くなったり、内ももに力が入りづらくなったりして、結果的にお尻の下が緩んできて、お尻がたるんできます。
 
なので、骨盤という骨の問題ではなく、骨盤周囲の筋肉に力が入れれずにたるんでくることが問題であることがほとんどです。
そして、見た目が悪くなる。具体的にはお尻が大きく見えたりするわけです。
 
ですので、基本的に骨盤矯正というものは骨盤周りの筋肉に運動やマッサージなどを通じて刺激を与えることで周囲の筋肉を活性化させて、見た目を良くする。
というものがほとんどであると思います。
 
もちろん、この世の全ての骨盤矯正法に精通しているわけではないので、他のやり方もあるかもしれませんが、基本的に骨盤は動かない(動くとしても数ミリである)ということだけは頭に入れておいてもらえると、なにかの参考になるかと思います。
 
当院でも、マッサージやトレーニングを使うことで、骨盤周りの動きを良くする、ヒップアップする。というようなことは行わせていただいていますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
 
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 
2016年11月17日 10:35 |コメント|

肩こりの方にも多くご来院頂いています。

当院はスポーツ鍼灸マッサージ院と銘打っていますが、もちろん一般の運動習慣のない方にも多くご来院頂いています。
 
スポーツ中の動きでも、日常動作の中で動きでも、競技特異的な動きを除けば使う時間や負荷が違うだけで、動き自体は似たものが多いです。
 
そうなると、アスリートでも、一般の運動習慣のない方でも痛みの原因は同じということも多々あります。
 
当院に来られている、ある野球をしているアスリートと、ある専業主婦の肩の肩の痛みの原因は同じです。
 
運動の専門家による、アスリートも納得の鍼灸治療・マッサージを是非一度、ご体感ください。
 
きっと満足していただけると思います。
 
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!

 
2016年11月16日 19:54 |コメント|

歯医者に学ぶ、予防の重要性

本日朝一で歯医者に行ってきました。
 
特に虫歯があるわけでも、痛みがあるわけでもないのですが、3ヶ月に1度程度の頻度で定期的にチェックを受けています。
 
痛みが出るのも嫌ですし、最終的に歯を抜いてしまうことだけは避けたいので、予防の為に行っています。
 
痛みが出ていなくても、プロの方に歯を見ていただくことで、自分ではわからないことに気づいてただけることはたくさんあります。
 
これ、私の職業にも当てはまりますよね。
 
膝が痛くなったり、肩が痛くなったり。
何かにぶつかったりなどの事故などのハプニングはありますが、多くの方の痛みは筋肉の状態を整えたり、関節の動きを整えたり、運動を通して筋肉を鍛えたりすることで、事前に防ぐことが可能なことも多いです。
 
痛みが出てから来院される方は多いですが、痛みが取れた後、定期的に通っていただいている方はやはり痛みの発生率は低くなっています。
 
これは、スポーツ選手ももちろんですが、一般の方にも当てはまります。
 
痛みが出てからの方が、治るまでにかかる期間もかかってしまいますし、治るまでの期間中も痛みを伴うのは辛いですよね。
 
わずかな違和感でも、専門家に見ていただくことで痛みの原因が分かることは多いです。
単純に疲れが溜まっているだけでも、マッサージなどを受けることで痛みの予防につながることもあります。
 
気温が下がってくることで、筋肉も縮こまり肩こりなどでご来院いただく方も増えています。
 
体の不調等ありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。
 
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!

 
2016年11月15日 11:51 |コメント|

全日本大学駅伝アンカー8区 最終結果

全日本大学駅伝も最終区
 
長かった…笑
 
先頭で襷を繋いだのは3区で先頭に立った早稲田大学
アンカーは安井雄一選手
箱根駅伝では8区・5区を経験している選手です。
 
追う青山学院大学は絶対的エース一色恭志選手
箱根駅伝は1年生の時から出場し、1区・2区・2区
現役日本人学生最強の呼び声も高い選手です。
 
アンカーに襷が繋がった時の差は49秒
 
原監督曰く、1分以内ならいけると言っていた通り、一色選手は猛追を開始
 
5kmの通過が14分05秒という驚異的なペースで早稲田大学を追い、8キロ過ぎには完全に独走態勢に
 
最後は危なげなく独走でゴール
 
近年の駅伝では、力が拮抗している事もありミスなく襷を繋ぐことが勝つための前提条件としてあるように感じていましたが、今回青山学院は必ずしも100点のレース展開でなかったにも関わらず優勝
 
ゴール地点では2位早稲田に約1分の差をつけたことを考えると、圧勝といってもいいと思います。
 
箱根駅伝に向けても、不安材料は山の神・神野大地選手の代わりの5区くらいではないでしょうか。
 
最終順位です
1位青山学院大学
2位早稲田大学
3位山梨学院大学
4位駒澤大学
5位中央学院大学
6位東洋大学
7位東海大学
 
山梨学院大学がアンカーニャイロ選手で3位に浮上
シード権は東洋大学まで。
 
東海大学が来年予選会を走ると考えると関東地区は大変ですね…笑
 
1位から15位まで全て関東の大学
関東以外最上位は16位の東海学連選抜
 
その後立命館・京産大・大経大と関西の大学が続きました。
 
エースが集ったアンカーの個人の区間順位は
1位ドミニクニャイロ(山梨学院)
2位一色恭志(青山学院)
3位大塚祥平(駒澤)
4位山本修二(東洋)
5位安井雄一(早稲田)
6位村上優輝(中央学院)
 
ニャイロ選手が56分43でぶっちぎりの区間賞
日本人トップは57分48で一色恭志選手
 
蓋を開けてみれば青山学院の圧勝
三冠に王手
しかし、箱根に向けて
距離が伸びるのが1番有利になる大学…青山学院
区間数が増えることによって有利になる大学…青山学院
さて、どうやって他校は対抗していくのでしょうか…笑
 
当然、勝負に絶対はありませんから、今後の試合なども楽しみにチェックしていきたいですね。
 
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 
 
2016年11月14日 14:27 |コメント|

全日本大学駅伝7区

 
全日本大学駅伝、アンカーの一つ手前の第7区
 
アンカーに大エース一色選手を置く青山学院大学は中村祐紀選手
今年の箱根駅伝でも9区を走っている実力者
 
ここで更に引き離したい早稲田大学はルーキーの太田智樹選手
全中3000mのチャンピオン、全国選抜10000mの優勝者
 
襷を貰った時の差は38秒
 
追う青山学院中村選手は前半から積極的に前を追っていく走り。
 
一方の太田選手は初駅伝とは思えない堂々とした落ち着いたレース運び
 
中村選手は暑さも影響したのか、後半動きが鈍り、早稲田大学との差が49秒に。
 
第7中継所での順位は
1位早稲田大学
2位青山学院大学
3位駒澤大学
4位中央学院大学
5位山梨学院大学
6位東洋大学
7位東海大学
8位國學院大學
 
1位と2位の差は49秒
5位までは順位変動なし。
 
シード圏内の6位に東洋大が浮上
7位の東海との差は4秒と、アンカー次第では分からない差。
 
個人の区間順位は
1位小町昌矢(日体)
2位佐藤諒太(帝京)
3位太田智樹(早稲田)
4位鈴木太基(大東)
5位中村祐紀(青山学院)
6位伊勢翔吾(駒澤)
 
この区間はシード外の学校の選手が快走
 
いよいよアンカー
逃げる早稲田大学は安井雄一選手
追う青山学院大学は絶対的エースの一色恭志選手
3位駒澤大学は大塚祥平選手
そして5位山梨学院大学は満を持してニャイロ選手
シードに向けて追う東海大学は林竜之介選手
シード権確保に逃げる東洋大学は山本修二選手
 
勝負が決まる最終区間
最後まで注目です。
 
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 
 
2016年11月13日 14:50 |コメント|

全日本大学駅伝6区

全日本大学駅伝勝負の6区
 
逃げる早稲田大学は3年生の藤原滋記選手
追う青山学院大学は初駅伝の森田歩希(ほまれ)選手
 
襷を貰った時の差は1分02秒差
 
5区小野田選手の区間賞から一気に流れを変えたい青山学院
 
青山学院アンカーの一色選手を考えるとこれ以上詰められたくはない早稲田大学
 
そして、シード争いの拓殖大学と山梨学院大学
拓殖は既に留学生は走っており、アンカーにニャイロ選手を残している山梨学院はシードは確実に取れるか?といった所。
 
ここでは青山学院が連続区間賞
初駅伝の森田選手が区間賞の活躍で、一気に38秒差まで詰めました。
藤原選手も区間3位と決して悪くはない走りでしたが、青山学院の連続区間賞で詰められてしまいます。
 
第6中継所での順位は
1位早稲田大学
2位青山学院大学
3位駒澤大学
4位中央学院大学
5位山梨学院大学
6位東海大学
7位東洋大学
8位拓殖大学
 
シード権争いが東海大と東洋大の争いに
差は15秒
拓殖大学はシードまで22秒
 
山梨学院は7位と20秒差を付けました
 
個人の区間順位は
1位森田歩希(青山学院)
2位國行麗生(東海)
3位藤原滋記(早稲田)
4位射場雄太朗(明治)
5位永戸聖(山梨学院)
6位片西景(駒澤)
 
東海大学が國行選手の区間2位の走りで8位からシード圏内の6位まで押し上げます。
 
このままの差では早稲田は一色選手に捕まってしまうか?
早稲田としてはもう少し差が欲しいところだと思いますし、青山学院としても、勝利を確信するのはもう少し差を詰めておきたい所。
 
アンカーの手前、第7区はどうなるでしょうか笑
 
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 
 
2016年11月12日 19:51 |コメント|

全日本大学駅伝5区

全日本大学駅伝も後半戦へ
 
先頭の早稲田大学はスーパールーキー新迫志希選手
追う青山学院大学は箱根駅伝6区山下りのスペシャリスト小野田勇次選手
 
襷を貰った時の差は1分07秒差
 
ここで更に差がつけば早稲田が優勝かという展開に
 
出雲駅伝では思うような走りが出来なかった新迫選手ですが、チームの良い流れに乗って区間2位の快走
 
そして、ここから青山学院の反撃が始まります。
 
原監督は「ゲームチェンジャー」という言葉を使っていましたが、悪い流れを変えられる選手。
小野田選手はそれにふさわしい走りとなったのではないでしょうか。
 
新迫選手も区間2位の走りを見せましたが、小野田選手が区間賞
しかし、新迫選手の粘りもあり、差は5秒しか縮まらず、1分02秒差
 
第5中継点での順位は
1位早稲田大学
2位青山学院大学
3位中央学院大学
4位駒澤大学
5位東洋大学
6位拓殖大学
7位山梨学院大学
8位東海大学
 
後半戦になると上位陣はあまり順位変動が起きませんね。
シード権の6位争いが白熱してきました。
6位拓殖と7位山梨学院の差は1秒
 
山梨学院大学は先頭との差が2分55秒とニャイロ選手でも厳しい差に。
 
個人の区間順位は
1位小野田勇次(青山学院)
2位新迫志希(早稲田)
3位中島大就(明治)
4位土方英知(国学院)
5位高田凛太郎(東海)
6位宇佐美聖也(帝京)
 
繋ぎ区間と呼ばれる区間だけあって、今まで上位に出てこなかった学校の選手が出てきますね。
逆にこの区間でもしっかりと区間上位をキープ出来る学校はやはり上位にいるのでしょうね。
 
残り3区間
先頭争いはもちろんですが、シード権争いも盛り上がって参りました。
 
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!

 
2016年11月11日 10:16 |コメント|

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTモバイルサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!