physical conditioning center ACT

土日祝日も21時まで開院
トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院

physical conditioning center ACT

HOME ≫ ブログ ≫

ブログ

黒人選手の骨盤は前傾しているから速いのか?を少し調べてみました。

0000432395.jpeg
【お知らせ】
ACTは年末年始も休みなく営業しております!
冬の合宿明けの疲れ、大掃除での疲れ、1年間少しずつ溜まり続けた疲れを取りに是非いらしてくださいね!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

ランナーの方なら一度は聞いたことがあるかもしれない話が、「黒人選手は骨盤が前傾していて、だから速いんだ」という話。
これ、事実なのでしょうか?
 
面白い画像を見つけたので、一つ貼っておきます。
1番左が現5000mと10000mの世界記録保持者ケネニサ・ベケレ選手
真ん中がベケレ選手の前の世界記録保持者ハイレ・ゲブレセラシエ選手
1番右がロンドン五輪・リオ五輪で2大会連続長距離種目2冠を果たしたモハメド・ファラー選手
 
まず考えていただきたいのは、骨盤の前傾とは何に対しての前傾なのか。というところ。
 
地面に対しての前傾なのか。
それとも上半身に対しての前傾なのか。
 
まず、地面に対しての骨盤前傾を見てみましょう。
ベケレ選手とゲブレセラシエ選手は地面に対して前傾になっていそうです。
ファラー選手は地面に対してほぼ平行のように見えます。
 
続いて上半身と骨盤との関係について
これは3選手とも上半身に対して、ほぼ垂直ではないでしょうか?
 
となると、これは骨盤が前傾しているのではなく、ベケレ選手とゲブレセラシエ選手は前傾姿勢を取っている。ファラー選手に関しては、ほぼ垂直である。といえるのではないでしょうか。
 
あくまでも静止画を一枚切り取っただけなので、この画像から言えることは少ないですし、どうしても推察が多くなってしまいますが、世界のトップに立った事がある選手(そのうち2選手は現在も世界の頂点で日々戦っている)がこのような状況なので、少なくとも【骨盤が前傾していないと速く走れない】ということは否定出来るのではないでしょうか。
 
ご自身でその場で行ってもらうと分かるかと思いますが、上半身に対して骨盤を前傾させると、腰に負担がかかりますし、腹筋にもうまく力が入らないんですよね。
いわゆる体幹を使った走りは難しくなってしまうのではないでしょうか。
 
それにしても、3選手とも胸板が相当分厚い…
 
選手が試合の動画を持ち込み、治療後にあーだこーだ言いながらフォームについて話をする。
これ、physical conditioning center ACTあるあるです。笑
フォームの指導もやっています。

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。
成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。
もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

私が運営する陸上チームACTについて

0000431455.jpg
【お知らせ】
ACTは年末年始も休みなく営業しております!
冬の合宿明けの疲れ、大掃除での疲れ、1年間少しずつ溜まり続けた疲れを取りに是非いらしてくださいね!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんにちは。
吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院ACT代表のヒライです。

私が運営する陸上チームについて最近お問い合わせをいただくことが増えましたので、こちらでも少し紹介しておこうかと思います。
 
まず、クラブチームというようなご説明をさせていただくことが多いですが、実際にチームとして陸協登録は行っておらず、各自の所属先の登録もしくは陸協に個人登録していただいて、大会には参加していただいています。
チームとして試合に参加することがないので、チーム名はあってないようなものです笑
チームヒライと呼ぶ方もいます。笑
 
イメージとしては学習塾に近いような感じでしょうか。
学習塾が学校の勉強を更に補強する場であるように、当チームも学校の練習を補強する形で行っている選手がいます。
 
練習はチーム全体としての練習は火曜日と金曜日の19時〜21時まで吹田市総合運動場で行っています。
総合運動場は土の400mトラックです。
ですので、練習は雨天中止となっています。
 
その他にも、個別でマンツーマンで練習を見ることもあります。こちらはパーソナルトレーニングの扱いでお受けしています。主に社会人の方はこのパターンです。
 
メンバーとしては常に流動していますが、最大10名程度で少人数で行っております。
3〜4人なんてこともザラにあります。
むやみに人数を増やさないのは、【個別のニーズに対応したメニューを立てる】【全員を確実に成長させる】事を目指しているためです。
人数が多くなるとどうしても最大公約数的な練習になりがちですし、そうなると【全員】を最大限伸ばすことは難しいのではないかな。と考えているためです。
 
人数が多いことによるメリットも、もちろんありますが、所属先が違うと一人ひとり状況が違うことが多いので、このような形にしています。
 
メンバーの中には
・学校に陸上部が無くて、こちらの練習だけで試合に参加している選手
・学校に陸上部があるものの、練習量が足りないと感じていて、部活後にこちらで足りない部分を補っている選手
・学校に陸上部があるものの、自分に今必要な練習が部活の練習と噛み合わないので、部活後こちらでそれを補う選手
・普段は学校で練習しているが、なにか上手くいかないこと(技術面や身体面)が起きたときにだけアドバイスを求めに来る選手
・テスト期間中など、部活がない期間だけ練習しにくる選手
 
学生だけでもこれだけの種類の様々な状況の選手が来られます。
ですので、個別にメニューを立てざるを得ない状況でもあったりするのです。
 
もちろん、内容によっては同じメニューになることも多々あります。
 
社会人の方は
1 カウンセリング
2 メニュー作成
3 随時連絡を取りながら、各自で練習してもらう
4 月に一回程度練習を直接見て動きの修正・意識感覚のすり合わせ・メニューの修正
という流れが一般的です。
 
基本的にはどのような形にでも対応できるようになっていると自負しております。
 
学校部活動に参加している選手は、もちろん部活動が最優先です。
学習塾に通っているから、学校の授業を受けなくていい。なんてことはありません。
しかし、部活動の顧問の先生の中には、陸上競技の知識や経験に乏しい方も、一定数おられることも事実です。
私も教育実習を受け、教員免許を取得しておりますが、教員の先生方は日々お忙しく、陸上競技の専門的な勉強にまで手が回らないことも重々承知しています。
ですので、そういった部活動の中で意欲はあるけれどもどうにも上手くいかない。という選手にアドバイスをさせていただく場を。ガムシャラに頑張るのではなく、適切に頑張れる場を。と思い、このような集まりを提供させていただいています。
 
詳細はHPにてご確認いただくか、直接お問い合わせいただければと思います。 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

痛みは同じでも、原因が違えば治す方法も違う

おはようございます。
 
最近、アキレス腱の痛みで来院される方が増えてきています。
 
冬が近づいてきて、いわゆる「冬季練」が始まってきた学校もあり、練習量の増加や気温の低下などが影響しているようです。
 
アキレス腱炎は練習量や気温ももちろんですが、シューズや普段練習をしている環境のサーフェス(地面)の状態(コンクリートか土かなど)や、フォームなども大きく影響してきます。
 
また、アキレス腱の痛みは、練習量よりもどちらかと言えば練習強度(スピードなど)の問題が大きいとする研究もあります。
 
さらに、可動域や柔軟性の欠如による問題や筋力不足、足部アーチの崩れなど様々な要因があります。
 
このようにアキレス腱の痛みに限らず、この痛みの原因はこれ!と一対一の関係でケガを説明することは難しいものです。
 
そのため、当院に来られた場合、しっかりと触診や様々な検査をし、さらにどのような状況で痛むのかなどの話を聞いた上で治療に入らせていただきます。
 
友人と同じような痛みなので友人と同じストレッチをしている。
友人がやってるリハビリを見よう見まねで真似してみる。
 
原因も同じであれば効果が出ることもあるかと思いますが、思ったような結果が出ていないのであれば、一度身体の専門家、医療従事者、整形外科などを受診されることをおすすめします。
 
もちろん、当院でもしっかりチェック・治療させていただいています。
ぜひ、一度ご相談ください。
 
ACTは本気で高みを目指す全てのアスリートを応援しています。
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

長期的な練習計画をたてることの意義

能力を上げるためには、練習が必要なのは間違いがないことですが、その練習はどこまで計画されていますでしょうか?
 
その日その日の体調に合わせて練習している。という方もおられると思いますが、そうなるとどうしても
練習にばらつきが出てきたり、目標にいつまでたっても到達できなかったりします。
 
特に目標がなく、とにかく健康づくりのために練習している。
日常的に運動の習慣が出来ればそれでいい。
というのであれば、それはそれで全く問題はありません。
 
しかし、もしどこかのレースに向けて目標とするタイムや順位があるのであれば、そこに向けての準備が必要です。
レース当日に出来ていないといけない体の状態があるはずです。
 
もちろん、100%当初予定した計画通りに進むとは限りませんし、随時修正していく必要はあります。
目標(ゴール)が決まっているのであれば、そこに向けた地図・ルートを計画するはずです。
スタートしてみると、地図にはない障害物があったり、渋滞があったりして、随時ルートを修正し、変更を重ねていくことは当然ありますが、だからといって地図が必要ないということにはならないはずです。
 
自分の目標達成のための地図は持っていますか?
 
持っていなければ、一緒に考えさせていただきますので、ご相談ください。
 
ACTは本気で高みを目指す全てのアスリートを応援しています。
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 
 

何の目的で行うのかで正解不正解は変わる

おはようございます。
今日から11月ですね。
 
マラソンを中心にされている方、駅伝や長距離選手にとってはシーズンイン
短距離やフィールド競技などのトラックを中心に活動していた選手はシーズンオフですね。
 
どちらにしても、気温が下がりケガのリスクは高まってきます。
ウォーミングアップは入念に。そして違和感が出てきたら、休養を取ったり治療を受けるなど、早めに手を打ちましょう。
 
最近TwitterなどのSNSで走りに関しての質問をいただくことが増えてきました。
 
可能な範囲ではお答えさせていただいているのですが、一つだけ困る質問があります。
それは「◯◯はどうですか?」というものです。
 
なぜ困るかというと、全てのものを【良い・悪い】と分けることは出来ないからです。
 
例えば、よく聞くのが「走り込みってどうですか?」という質問
 
そもそも、「走り込み」とは何か。という定義付けから始めることが必要ではありますが、大切なのはそのメニューが合っているか間違っているかではなく、そのメニューが目的に合っているか合っていないか。です。
 
もっと深掘りして考えるのであれば、そもそもその目的は今自分に必要なものなのかというところから考える必要がありますが…
 
いわゆる根性練も練習の目的が「根性を付ける」であれば目的に沿った練習だと思いますし、そこで細かい技術的なところの習得を目的とするのであれば、他の方法の方がより良いと思います。
 
一つの練習であれもこれも習得できればもちろん最高ではありますが、詰め込みすぎると目的がぼやけてしまうことがあります。
 
これはスポーツ障害での治療やリハビリにも当てはまりますよね。
 
なんとなく、みんながやっているから。
有名選手がやっているから。
 
これでは思ったような結果が得ることが出来ないかもしれません。
 
もちろん偶然結果が得れることもあるかとは思います。
有名選手と同じ身体ではありませんし、治療やリハビリにかけれる時間も違います。
マスコミに取り上げられている部分は、ごく僅かです。
 
本当に自分に必要なことはなんなのか。
自分には何が必要なのか。
目的を明確にすることが大切です。
そうするとやることが決まってきます。
 
是非一度改めて考えてみてください。
 
分からなければ、一緒に考えさせていただきますので、ご相談ください。
 
ACTは本気で高みを目指す全てのアスリートを応援しています。
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 
 

東京に勉強に行ってきました。

10月29日土曜日に東京まで行きまして、日本健康予防医学会主催の対人スキルセミナーに参加してきました。
 
講師は元プロテニスプレーヤー杉山愛選手のコーチであり母でもある杉山芙沙子さん。
 
人に対してどの様に接するのか。
選手や患者様の気持ちをどの様に考えていくのか。
 
コントロールをしようと考えるのではなく、考え方を変える。
 
杉山さんから凄く多くのことを学びましたが、1番勉強になったと感じたのは、「事実は変えれないが、考え方は変えられる」ということです。
 
上手くいかなかったという事実を変えることは出来ません。(もちろんその後努力をしてリベンジをするということは出来ますが)
しかし、その事実をどう捉えるか。
これは各自の考え方次第です。
 
どう考えるのが正解か。と言う決まりはもちろんありませんが、必要以上に自分を傷つける必要はありませんし、自分にとってプラスに変えることが出来るのであれば、最高ですよね。
 
私自身の考え方が変わったことはもちろんですが、当院に来られる患者様や選手にも沢山還元することが出来そうなとても貴重な時間でした。
 
人の身体に携わるものとして、日々必死に過ごすアスリートをサポートするものとして、日々の勉強は欠かせません。
書籍などで学ぶことも非常に大切ですが、やはり直接学ぶことによって得れるものは大きいように感じます。
今後も自分自身の成長のために、患者様・選手により良いものを還元するために学び続けて行くことをお約束します。
 
ACTは本気で高みを目指す全てのアスリートを応援しています。
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 
 

プラスとマイナスで競技成績を考える

競技成績を向上させる為に行ったほうが良いことは沢山ありますよね。
練習を頑張ることはもちろんですが、睡眠時間をしっかり確保したり、栄養価の高い食べ物を食べたりなども、プラスの要因として考えられます。
 
逆に競技力向上のために避けたほうが良いこともたくさんありますよね。
先程の逆で、練習を頑張らない、夜更かしなどをしてしまって睡眠時間が短い、お菓子中心の食事など、これらは競技力向上にプラスに働かないことは容易に想像出来るかと思います。
 
個人的には競技力というのは、これらのプラスマイナスのトータルで決まると考えています。
例えば、お菓子が好きで食べてしまうというマイナスの行動があったとしても、それを補うだけのプラスのことが出来ていれば競技力は向上していくかもしれません。
逆に凄く練習を一生懸命頑張っていても、それ以外の日常生活でのマイナスが大きすぎると競技力の向上が難しかったり、ケガしやすくなってしまったりしますよね。
 
日々の練習時間は2時間〜長くても4時間程度のことが多いかと思います。(もちろん、休日などはもっと長い場合もあるかと思いますが)
そうなると、練習時間以外の時間のほうが圧倒的に多いわけです。
練習を頑張ることは非常に大切ですが、それ以外の時間の使い方の方が改善できる余地が大きいと思います。
 
プラスを増やす努力も大切ですが、マイナスを減らす努力は行っていますか?
 
そろそろ冬季練習が始まる季節だと思います。
厳しい練習が始まるかと思いますが、来シーズンの飛躍のためにプラスを増やすことももちろん、マイナスを減らす努力も行ってほしいと思います。
 
ACTは本気で高みを目指す全てのアスリートを応援しています。
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 
 

イメージ通りに身体を動かせていますか?

あなたは自分のイメージ通りに身体を動かせていますか?
 
例えば、目をつぶって手を真っ直ぐに上げる。
確実に出来ますでしょうか?
意外と上手く出来ない方は多いようです。
 
当院でも行っているパーソナルトレーニングでのランニングフォームのチェックでも、動画を撮影して、自身のフォームを初めて見ると多くの方が「思っていたフォームと違う」とおっしゃいます。
自分のイメージ通りに身体が動かせていないわけです。
 
捻挫して来院された方の多くは足を引きずってこられますが、この時も本人が足を引きずっている自覚がない場合があります。
そして、痛みが引いた後も足を引きずっている場合があります。
「まだ足痛いの?」と聞いて、「もう痛くないです」と言うわけですが、足は引きずっているわけです。
 
このままではもちろん身体のバランスが崩れているわけですし、ケガの再発率も高いままです。
 
昨日の痛みについてのブログでも触れましたが、痛みが無くなる事がゴールではありません。
 
身体を正常な状態に戻して、競技復帰していただくことが、重要です。
 
ですので、ケガの治療はもちろんですが、その後競技復帰までサポートしてもらえる場所を探す必要があると考えます。
 
もちろん、当院でも対応させていただいています。
 
ACTは本気で高みを目指す全てのアスリートを応援しています。
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 
 

痛くない=治った?なのか

当院に初めて来られる方のほとんどは、何かしらの痛みを抱えて来院されます。
 
そして、苦しみの原因を少しでもいい状態に改善し、ご帰宅頂きます。
 
そうして痛みが無くなると、一見治ったかのように感じてしまうのですが、必ずしも痛みが無くなる=完治とは限らないケースが多いです。
 
これにはいくつか理由があります。(専門家向けのブログではないので、難しい表現は極力避けたいと思います。)
 
まず初めに考えていただきたいのは、組織の修復と痛みが無くなることでは、少しタイムラグがあるということです。
 
これは擦り傷などで考えていただくと分かりやすいかと思います。
コケて膝を擦ってしますと、血が出ます。
その時はもちろん痛いですよね。
しかし、この痛みは数日でなくなります。
この痛みが無くなったとき、果たして擦り傷は治りきってるでしょうか?
 
おそらく、まだかさぶた状態であることがほとんどではないでしょうか?
これを「完治」とみなしてしまうと、まだ皮膚が脆い状態ですから、再出血の恐れがありますよね。
これと同じことが、肩や膝、足首などでも起こっている場合があります。
 
組織(捻挫の場合は靭帯など)の回復が終わってなかったり、怪我によって筋力のバランス、柔軟性、可動域なども悪くなっている可能性があります。
 
このような能力もしっかりと改善していく必要があります。
 
当院ではトレーニングスペースを利用してのリハビリテーションにも対応しています。
 
何度も同じケガを繰り返してしまう選手はどこか動きや身体に問題がある場合がほとんどです。
身体の状態が良くない状態で競技の練習を繰り返しても、練習量もこなせませんし、スキルの習得にも必要以上に時間がかかってしまいます。
 
是非一度、身体の専門家に身体のチェックをしてもらうことをオススメします。
 
ACTは本気で高みを目指す全てのアスリートを応援しています。
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

月間走行距離って大切ですか?

長距離選手やマラソン選手の方がよく口にする言葉の一つに、【月間走行距離】というものがあります。
 
5000m14分台を出すには何キロが必要とか
サブスリーには何キロが必要とか
雑誌などでもよく特集されていますよね。
 
果たして月間走行距離は多ければ多いほうが良いのか?
 
これについて私の考えを述べたいと思います。
 
最初に結論を述べますと、走行距離は多いほうが良いです。
 
ただ、この考えには何点か注意が必要です。
 
まず、例えば周りでサブスリーを達成した選手が「月間300km以上走り込んだ」と言ったとします。
 
この時に注意しなければいけないことは
①月間300kmは何ヶ月行ったのか。
②何日で300kmを走ったのか
③練習の内訳はどうだったのか。
 
一つずつ掘り下げていきます。
 
①月間300kmは何ヶ月行ったのか。
例えば夏に気合を入れて300km走り込んだ!なのか、日常的に月間300km走り込んでいるのかでは、もちろん中身が変わってきますよね。
初めから月間300kmを目標に練習計画を立てていたのか、練習を積み重ねた結果、300kmに到達したのかでも、能力に差はありそうですね。
 
②何日で300kmを走ったのか
③の内容にも繋がってきますが、30日毎日走ったのか、週に1日は休みを入れたのか、などが変われば、練習内容ももちろん変わってきます。月間走行距離だけを目標にすると、毎日練習して距離を稼ぐことになりがちですが、そうすると距離の割に中身が伴っていない可能性が出てきますよね。
 
③練習の内訳はどうだったのか。
例えば、
・30日間毎日10kmのジョグをして月間300kmの人
・1000×10のインターバル、軽めに8kmジョグ、12kmジョグ、20kmペース走、オフの5日間を1サイクルとして6サイクル回して月間300kmの人
同じ月間300kmですが、どちらの選手のほうが良い成績を収められるでしょうか?
後者のほうが強い選手と感じる人が多いのではないでしょうか。
 
これら全てを考慮すると、月間走行距離だけを努力の指標にして、月間走行距離を増やすことだけを目標にしてしまうと、思ったように結果に結びつきにくくなる恐れがあることが理解して頂けたでしょうか?
 
もちろん、練習のバランスが取れた状態で、身体の能力が上がってきたことによって月間走行距離が伸びるということは実力がついている証拠になりますし、特にマラソンではしっかりと走り込んで足を作ることは重要です。
月間走行距離は「増やす」ものではなく、「増える」ものであると認識していただくといかと思います。
 
練習の組み立ての際に、月間走行距離だけに着目してしまっている選手は是非上記に書かれた事を参考に、練習内容を再考していただくと、新たに見えてくるものがあるのではないでしょうか。
 
当院でも練習メニューの作成、アドバイスさせていただいてますので、是非ご相談ください。
 
より細かく、丁寧にメニューを作成させていただきます。
 
ACTは本気で高みを目指す全てのアスリートを応援しています。
 
physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
info@act-pcc.com

ACTのTwitterアカウントが出来ました。
こちらから予約受け付けなども可能ですので、フォローお願いします!
 

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTスマホサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!