physical conditioning center ACT

土日祝日も21時まで開院
トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院

Blk

HOMEブログページ ≫ ジョーンズ骨折(第5中足骨疲労骨折)の予防、リハビリを考える ≫

ジョーンズ骨折(第5中足骨疲労骨折)の予防、リハビリを考える

2018年5月17日

 

今日も足の構造と機能研究会の復習記事です。

 

シンポジウム1

足部の構造と機能

スポーツ現場における第5中足骨疲労骨折の予防の取り組み

おゆみの中央病院リハビリテーション部 ジェうユナイテッド市原・千葉所属の秋吉直樹先生の公演でした。

 

まとめていきます。

・サッカーにおける足関節・足部の障害は、全傷害の約20%

・第5中足骨疲労骨折(ジョーンズ骨折)は重症度の高い傷害の一つ

・現在報告されているジョーンズ骨折の危険因子は

    ・人工芝

    ・ブレード型のスパイク

    ・股関節内旋制限

    ・ビタミンD不足

・ジェフではポスターを使って選手・指導者・保護者への啓発活動を行うことで発生率を減少させた

・ジョーンズ骨折は再発率が高く、離脱日数も平均90日程度発生するため事前の予防が重要

・骨折者の45%は事前に違和感を感じているというデータがあるので、啓蒙活動を徹底することで減らすことは可能ではないか

 

ジョーンズ骨折に限らず、ケガの多くは振り返ってみると、ケガの前からいつもと違う感じがしたと答える選手は多いです。

 

「いつもとなんか違う」に敏感になり、対処することが大切です。

上手く言葉にする必要はありません。

なんか違う。なんか変。で十分です。

そこから先は我々プロがしっかりと検査させていただきます。

 

自分の変化に敏感に。

自分の身体との対話の時間を取ってください。

 

それが、ケガ予防の第一歩です。 

 

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。

ACTではスポーツマッサージ・鍼灸治療・ストレッチ・エクササイズ指導を組み合わせ、症状に合わせた最適な施術を行っております。

成長期特有の痛みやスポーツ障害にも対応しております。

もちろん、肩こり腰痛、疲労感の除去などの身体の不調改善のお手伝いもしてます。

お気軽にこちらからお問い合わせください。

06-6170-1022

info@act-pcc.com

 

 

2019年01月07日 16:01

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTスマホサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!