physical conditioning center ACT

土日祝日も21時まで開院してます。
トップアスリートも通う吹田の鍼灸スポーツマッサージ治療院

Blk

HOMEブログページ ≫ TFCC損傷について ≫

TFCC損傷について

TFCCとは三角線維軟骨複合体のことであり、手関節尺側の橈骨、尺骨、月状骨、三角骨にある靭帯と線維軟骨の複合体である。
手首の小指側付け根のあたりが痛む場合、TFCC損傷を疑います。

TFCC損傷は「尺骨突き上げ症候群とも呼ばれる。
TFCCの中心部には関節円板があり、断裂や裂孔をきたすと症状が出現する。

損傷が三角靭帯に及ぶと、下撓尺関節部において尺骨頭が亜脱臼・脱臼をきたすようになる。

TFCCの構成要素は、三角線維軟骨(TFC)、メニスカス類似体(MH)、掌背側撓尺靭帯、尺骨月状靭帯、尺骨三角骨靭帯、尺側手根伸筋腱腱鞘など。

TFCCの主な機能は
・遠位撓尺関節や尺骨手根関節の安定化
・尺骨手根関節の圧力に対する緩衝作用
・回内外、撓尺屈時の手根骨の滑走

TFCC損傷の主な発症機転は、転倒時の手関節背屈位で地面に手をつくこと、過度な前腕回内外であり、受傷機転によって損傷しやすい靭帯が異なる。
転けたときに手の付き方が悪く、手首に過度に負担がかかってしまった。
テニスや野球で手首をこねくり回すような動きを多くしてしまった。
バスケなどで手首の背屈を何度も繰り返していた。
などが原因のことが多いです。
一度に大きな負荷がかかって発症するケースと、慢性的に同じ負荷がかかり続けることで発症するケースがある。


TFCC損傷の症状としては、手関節尺側部痛、前腕回内外の可動域制限、握力の低下、遠位撓尺関節不安定性など。

TFCCが疑われる際には、自発痛や圧痛・握力の低下などを確認します。
TFCCは単純X線では確認が難しいので、MRIでの確認が必要。
レントゲンでは難しく、MRIでの確認が必要なので、設備の整った整形外科、スポーツ整形外科などで確認してもらうと良いと思います。

分類方法はPalmer分類が一般的である。

整形外科的徒手検査にはTFCCストレステストと、フォビアサインがある。
TFCCストレステスト:他動的に回内外をしながら、手関節最大尺屈位で軸圧を加える。そこで尺側部痛が出現した場合、陽性とする。
フォビアサイン:フォビアは尺骨茎状突起と尺側手根屈筋の間、遠位は豆状骨、近位は尺骨頭の掌側面の間である。圧痛があれば陽性となり、TFCC損傷を疑う。

TFCCの治療法

TFCC損傷の治療は機能不全状態のTFCCの機能を高めることを目的に、保存療法または手術療法が選択される。
当院では、鍼灸治療、インディバでの温熱治療、ハイボルテージでの電気治療などを組み合わせて、組織の自然治癒のスピードを最大限に高めることで、早期修復・早期復帰を目指します。

初期は保存療法が一般的であるが、早期復帰を望むアスリートに対しては早期の手術療法も有効である。

保存療法での効果が薄いとされているのは
・橈骨付着部付近での断裂
・固有TFC片が断裂部で弁状
・尺骨付着部周辺での損傷

当院のスポーツ障害治療では、まず筋緊張の緩和・消炎鎮痛を目的として鍼やマッサージを行います。

TFCC損傷のリハビリテーション

・組織の自然治癒を妨げないことが最優先。
・初期では安静と固定が重要となる。
・急性外傷後では、肘関節を含めたギプス固定により前腕の回内外を制限する必要がある。

一般的には6〜10週程度での復帰

切除後は1週間固定の後、関節可動域運動や軽負荷でのトレーニングを開始し、3週後を目処に競技復帰を意識した特異的な動作トレーニングを行う。

縫合術後は2週間長上腕ギプスで固定し、短上腕ギプスで2週間、その後ギプスを外し関節可動域運動や軽負荷でのトレーニングに移っていく。

アスリート以外でもTFCC損傷は起こりえます。
最終的には組織の修復を待つ必要があるので、その場で完治!ということは少ないですが(逆にそのようなことを謳っている治療院にはご注意ください)組織の損傷で発生している以外の痛みも多く、そちらを取り除きながら組織が修復しやすい環境を整えることで、自然治癒力を最大限まで引き上げることが最高の治療だと考えています。
重症化してしまうと手術が必要になるケースも多いです。
ぜひ違和感を感じた際には、MRIが備わっている整形外科で判断を仰いでください。
医師のその場の判断で、必ずしもMRI撮影を行うことになるとは限りませんが、医師の診断がある上で当院のような鍼灸院・整骨院などで治療を受けることをオススメいたします。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

physical conditioning center ACTは大阪吹田市のスポーツ障害専門の鍼灸スポーツマッサージ治療院です。
陸上競技・下半身のケガを特に専門としています。
お気軽にこちらからお問い合わせください。
06-6170-1022
info@act-pcc.com

2019年11月06日 13:26

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

physical conditioning center ACTスマホサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!