大阪府吹田市のスポーツ鍼灸マッサージ治療院 Physical conditioning center ACT

土日祝日も21時まで開院してます。
トップアスリートも通う吹田のスポーツ鍼灸マッサージ治療院です。

Blk

HOME ≫ ブログページ ≫

ブログページ

ニューロパチー痛の複雑な世界:末梢神経損傷と中枢神経系の驚異的な反応

末梢神経の切断とその影響

末梢神経が切断されると、私たちの神経系は驚くべき反応を示します。
特に、触圧覚信号を伝える太径Aβ感覚神経が中枢端から発芽し、脊髄後角の侵害感覚ニューロンに新たなシナプスを形成します。
この新しい神経接続は、侵害感覚伝達物質を放出し、通常はC線維に占められる第二次侵害感覚ニューロンを活性化します。

機械的異痛の発生

この活性化により、機械的異痛(物理的刺激によって引き起こされる痛み)が発生します。
機械的異痛は、正常な状態では痛みを伴わないような刺激が激しい痛みを引き起こすようになる状態を指します。
この現象は、損傷された神経が異常に敏感になるために起こります。

神経成長因子の役割

脊髄への神経成長因子(NGF)の投与は、Aβ線維の発芽を抑制し、結果的に異痛の発生を防ぐことができます。
これは、NGFが神経損傷後の修復プロセスにおいて重要な調節因子であることを示しており、痛みの管理において潜在的な治療標的となり得ます。

DRGニューロンの変化

神経切断後、DRG(背根神経節)のニューロンは、Ca2+-activated Cl- 電流(Ic(Ca))の増加を示し、これが最大で切断後5日に達します。
この変化は、ニューロパチー痛や神経の再生に寄与しているとされ、痛みの発生と管理に新たな光を当てます。

Chung's neuropathic modelの説明

Chungのモデルによると、成ラットの脊髄神経を切断後、約4日で痛覚過敏状態になります。
このとき、DRGニューロンは静止膜電位が通常よりも低く、正弦波振動を示します。
わずかな脱分極でも振動の振幅が高まり、しばしば閾値を超えて期外発火を起こします。
これがニューロパチー性知覚不全や異痛へとつながります。

中枢性痛覚過敏とフェア応答

ニューロパチー患者では、損傷部位の周辺に発赤が見られ、これはフェア応答と呼ばれる現象です。
この反応は主に末梢の血管拡張によるものであり、中枢神経系の痛覚過敏とは異なる機序に基づいています。
この区別は、痛みの治療戦略を計画する上で非常に重要です。

痛みの治療への応用

ニューロパチー痛の研究から得られる洞察は、より効果的な治療方法の開発に寄与します。
例えば、神経成長因子の制御や特定のチャネル活動の調整を通じて、異痛や痛覚過敏の予防および緩和が可能になるかもしれません。
また、痛みの発生メカニズムを理解することで、痛みを防ぐための新しいアプローチが見えてきます。

ニューロパチー痛の影響と患者ケア

ニューロパチー痛は患者の日常生活に大きな影響を与えるため、この痛みを効果的に管理することは患者の生活の質を改善する上で重要です。
慢性的な痛みを持つ患者へのサポートとして、医療提供者は最新の研究成果を治療に活かすことが求められます。

未来の研究方向

ニューロパチー痛の治療においては、まだ解明されていない多くの側面があります。
今後の研究で、どのような神経生物学的変化が痛みの感覚を最も効果的に減少させるのか、またどの治療が最も有効かを明らかにする必要があります。
持続的な研究と技術の進展により、より良い治療法が開発され、ニューロパチー痛を抱える患者の苦痛が軽減されることを期待しています。

結論

ニューロパチー痛は神経系の複雑な反応によって引き起こされる一方で、これを理解することは治療法の改善に直結します。
今回の洞察が、未来の治療アプローチに対する理解を深め、より効果的な痛みの管理を可能にする手がかりを提供することを願っています。

2024年04月17日 14:23

ニューロパチー痛:坐骨神経切断が神経細胞に与える影響

ニューロパチー痛とは?

ニューロパチー痛は、神経損傷後に発生する慢性的な痛みの一種で、通常の痛みとは異なり、神経系自体の異常によって引き起こされます。
特に、外傷や手術後に見られるこの痛みは、患者の生活の質を大幅に低下させることがあります。

坐骨神経切断の影響

ラットの坐骨神経切断モデルを用いた研究では、切断後2週間から7週間の間に、背根神経節(DRG)にあるすべてのニューロンの興奮性が高まることが確認されています。
興奮性の増加は特に細径ニューロンで顕著であり、これはニューロン膜に存在するカルシウム(Ca2+)とカリウム(K+)チャネルの伝導性が高まるためとされています。

大型ニューロンの興奮性変化

研究によると、細径ニューロンだけでなく、軸索切断後に大型ニューロンでも興奮性の変化は小さいものの、刺激に対する反応の閾値が大幅に下がると報告されています。
これは太い有髄感覚神経の性質が変わり、ニューロパチー痛に直接関与することを示唆しており、痛みの感受性が通常時と比較して大きく変わることを意味します。

神経タイプによる反応の違い

さらに、Aδ有髄感覚神経は神経切断後に刺激に対する閾値が顕著に下がる一方で、C無髄神経はあまり閾値が低下しないことが報告されています。
この違いは、神経タイプによってニューロパチー痛に対する反応が異なることを示しており、治療の際にはこのような特性を考慮する必要があります。

結論:ニューロパチー痛の理解と対策

ニューロパチー痛の研究は、痛みの治療だけでなく、神経損傷後のリハビリテーションにも重要な示唆を与えています。
神経の種類や損傷の程度に応じて異なる反応が見られることから、個別化された治療アプローチが求められます。
この知識を活用することで、患者にとってより効果的な痛み管理が可能になり、より良い生活の質へとつながることでしょう。

2024年04月17日 14:13

神経科学が明かす:第一次感覚ニューロンでの痛覚過敏メカニズム

痛覚過敏は、通常の刺激が異常に強い痛みとして感じられる状態であり、その原因となる生理学的プロセスは非常に複雑です。

特に第一次感覚ニューロン、つまり私たちの体が外部からの刺激を受け取る際に最初に反応する神経細胞において、痛覚過敏のメカニズムには注目すべき点があります。


ラットの研究において、脊髄後角の深層に位置する広動作域ニューロン(WDRニューロン)が重要な役割を果たしていることが示されています。

このニューロンは、calcitonin gene-related peptide(CGRP)というペプチドによってその活動が調節され、痛覚過敏状態の調整に寄与しています。

CGRPは通常、炎症や他の痛みの条件下で放出され、痛みの信号を増幅させることが知られています。


さらに、substance Pやneurokininを生成する遺伝子、preprotachykinin-Aが欠損しているマウスでも、これらの広動作域ニューロンにおいて痛覚過敏反応が観察されることが報告されています。

これは、痛覚過敏が単一の化学物質に依存しない複数のパスウェイによって引き起こされることを示唆しており、治療法の開発において多角的なアプローチが必要であることを強調しています。


このように、第一次感覚ニューロンの痛覚過敏メカニズムの理解は、痛みの管理と治療における新たな戦略を提供する可能性を秘めています。

痛覚過敏の根底にある複雑な生物学的プロセスを解き明かすことで、より効果的な痛み緩和方法が開発されることを期待しています。

2024年04月17日 14:09

痛みのメカニズムを解明:一次性と二次性痛覚過敏の科学

痛覚過敏は、日常的な痛みが異常に感じられるようになる現象で、多くの人々が経験する不快な状態です。
この記事では、痛覚過敏の二つの形態、一次性痛覚過敏と二次性痛覚過敏に焦点を当て、その生理学的背景と、それらがどのようにして発生するかを詳しく探ります。

一次性痛覚過敏とは何か?

一次性痛覚過敏は、侵害刺激(たとえばカプサイシンの皮内注射など)が直接作用した部位で発生します。
この現象は、該当部位を支配する無髄神経軸索から発生する活動電位が全体に広がり、炎症反応を引き起こすchemokineの放出によって特徴付けられます。
これにより、痛覚の敏感性が高まり、通常は痛みを感じないような軽い刺激でも強い痛みとして感じるようになります。

二次性痛覚過敏の発生メカニズム

二次性痛覚過敏は、一次性痛覚過敏が発生した部位から10~50mm離れた場所で起こります。
ここで重要な役割を果たすのは、chemokineが放出された際に影響を受ける、重複支配する別の無髄神経軸索です。
この神経軸索が興奮すると、隣接する皮膚部位でも痛覚が過敏になり、痛みが広範囲に拡がる現象が発生します。
加えて、このプロセスは周囲の血管を拡張させ、浮腫を引き起こし、さらなる不快感をもたらすことがあります。

痛覚過敏の理解が重要な理由

このようにして痛覚過敏が発生するメカニズムを理解することは、痛みの治療法を改善する上で極めて重要です。
特に慢性的な痛みを抱える人々にとって、これらの知見は治療法の開発に役立ち、より効果的な痛み管理を可能にします。
また、痛覚過敏のメカニズムを解明することは、痛みの予防や緩和だけでなく、患者さん自身が自らの症状を理解しやすくするためにも重要です。

痛覚過敏の研究はまだ進行中であり、これからも多くの発見が期待されます。
しかし、現在利用可能な知識を活用することで、私たちはより効果的な治療戦略を開発し、痛みのないより快適な生活を送るための一歩を踏み出すことができるのです。

2024年04月17日 14:04

熱刺激に対するDRGニューロンの応答: 複雑なメカニズムの解明

熱刺激とは何か?
私たちの体は、外部からのさまざまな刺激に対して敏感に反応します。
その中でも、熱刺激は特に注目に値する現象です。
特に、侵害性熱刺激は、我々が高温にさらされた際に感じる不快な感覚や痛みと直結しています。
このブログ記事では、成ラットのドルソルートギャングリオン(DRG)ニューロンが熱刺激にどのように反応するかに焦点を当てます。


DRGニューロンの熱刺激に対する反応
最近の研究により、DRGニューロンの小型細胞(直径32.5μm以下)は、3秒間の侵害性熱刺激(43~47°C)に対して内向き電流を発生させることが確認されました。
この内向き電流は、細胞膜において熱によって引き起こされるもので、特に痛覚を伝達する細胞において顕著です。


熱反応の特性
この熱による内向き電流(Iheat)は、625msでピークに達し(最大2,430pA)、熱を止めると263msの間に不活化します。
興味深いことに、持続的な熱刺激を受けると、Iheatは時間と共に低下し、3秒後にはピークの44%まで減少します。
この現象は「反応減弱(tachyphylaxis)」と呼ばれ、細胞の反応が時間と共に弱まる様子を示しています。


カプサイシンとの比較
興味深いことに、カプサイシンを与えた際にも似たような膜電流(Icaps)が観察されます。
しかし、Icapsは細胞外のCa2+濃度に大きく左右されるのに対し、IheatはCa2+濃度の影響を受けにくいという違いがあります。
この違いは、熱刺激と化学刺激がDRGニューロンに異なる経路で影響を与えることを示唆しています。


熱刺激への応答の意義
DRGニューロンが熱刺激にどのように反応するかを理解することは、痛覚伝達のメカニズムを解明し、将来的には痛みの管理や治療に役立つ新たなアプローチを開発する上で非常に重要です。
この研究は、我々の体がどのようにして熱に反応し、熱による不快感や痛みを感じるかの理解を深めるための一歩となります。
未来の研究によって、この興味深い現象に対するさらなる洞察が得られることを期待しています。
 

未来の研究の方向性
この分野での今後の研究は、DRGニューロンが異なるタイプの熱刺激にどのように反応するか、そしてその反応がどのように痛覚伝達に関与しているかをさらに詳細に探ることが期待されます。
また、熱反応におけるカルシウムイオンの役割や、他のイオンチャネルがこの過程にどのように関与しているかを解明することも、重要な研究テーマです。
 

痛み管理への応用
DRGニューロンにおける熱反応の理解は、痛みの管理に直接応用される可能性があります。
例えば、熱による不快感や痛みを抑制するための新しい治療薬の開発、または既存の疼痛治療法の改善に役立つ可能性があります。
このような治療法は、慢性疼痛を抱える患者さんの生活の質を大幅に向上させることが期待されます。


技術的な進歩とその影響
最近の技術的な進歩により、神経細胞の反応をより詳細に、かつリアルタイムで観察することが可能になってきました。
このような技術的な進歩は、DRGニューロンの熱反応に関する研究を加速させ、より深い洞察を提供することでしょう。
さらに、これらの技術は、痛みの感覚やその他の感覚伝達に関連する他の種類の神経細胞の研究にも応用されることが期待されます。


まとめ
DRGニューロンの熱反応に関する研究は、神経科学において非常に興味深い分野です。
この研究は、痛みの理解と管理に大きく貢献する可能性を持ち、将来的には慢性疼痛患者の治療法を革新するかもしれません。
私たちは、この分野でのさらなる発見に期待しています。

2024年04月11日 16:15

DRGニューロンにおけるカルシウムチャネルの多様性とその機能

ドルソルートギャングリオン(DRG)ニューロンは、私たちの体の痛みや感覚の伝達に不可欠な役割を担っています。
最近の研究により、これらのニューロンの膜に存在するカルシウムチャネルの活動が、感覚伝達のプロセスにおいて中心的な役割を果たしていることが明らかになりました。この記事では、その興味深い発見について詳しく掘り下げていきます。


カルシウムチャネルの役割
カルシウムチャネルは、細胞膜を通じてカルシウムイオンが細胞内外に移動することを可能にするタンパク質です。
これらは特に神経細胞において重要であり、神経伝達物質の放出と、神経細胞間のシグナル伝達に不可欠です。
DRGニューロンでは、これらのチャネルが第一次ニューロンから第二次ニューロンへの情報伝達に重要な役割を果たしています。


カルシウムチャネルの種類とその特徴
DRGニューロンには、主に二つのタイプのカルシウムチャネルが存在することが分かっています:N型とL型です。
研究によれば、ニワトリの幼生のDRG細胞の約60%がconotoxinによってN型カルシウムチャネルが遮断されることが示されています。
一方、残りの40%はconotoxinでは影響を受けず、代わりにdehydropyridineで遮断されることから、これらはL型であると考えられます。
これらの結果は、DRG細胞におけるカルシウムチャネルの多様性を示唆しています。


カルシウムチャネルと感覚の関係
さらに、これらのカルシウムチャネルのタイプは、細胞が担う機能と関連している可能性があります。
痛覚に関与するDRG細胞は、主にN型カルシウムチャネルを持つことが示唆されています。
一方で、筋紡錘などに関わるDRG細胞は、L型カルシウムチャネルを多く持つと考えられます。
これらの発見は、感覚伝達のメカニズムを理解する上で重要な意味を持ちます。


結論
DRGニューロンにおけるカルシウムチャネルの研究は、痛みや感覚の伝達メカニズムの理解を深める上で非常に価値があります。
今回の発見は、特定の感覚や痛覚の伝達において、異なるタイプのカルシウムチャネルがどのように関与しているかについての新たな洞察を提供しています。
今後の研究によって、これらの知見がどのように臨床的な応用に繋がるかを探ることが期待されます。
たとえば、特定のタイプのカルシウムチャネルを標的とする新しい疼痛治療薬の開発など、具体的な応用が考えられます。


未来への展望
今回の研究結果は、カルシウムチャネルの多様性とその機能の理解を深める第一歩に過ぎません。
N型およびL型カルシウムチャネルの正確な機能や、これらが痛覚やその他の感覚の伝達にどのように関与しているのかについて、さらに詳細な研究が必要です。
将来的には、これらの研究から新しい治療法や疼痛管理のアプローチが開発されることを期待しています。


カルシウムチャネル研究の意義
神経科学におけるこのような基礎研究は、我々の体がどのようにして痛みを感じ、感覚を処理しているのかを理解する上で不可欠です。
カルシウムチャネルに関するこれらの発見は、感覚伝達のメカニズムを解明し、それに基づいた疾患の診断や治療法の改善に貢献する可能性を秘めています。
科学的探求は常に新しい発見へとつながり、私たちの健康と福祉に役立つ新しい知識や技術をもたらします。


締めくくり
DRGニューロンにおけるカルシウムチャネルの活動は、感覚伝達の複雑なプロセスを理解する鍵を握っています。
今回の研究は、感覚伝達におけるカルシウムチャネルの役割に新たな光を当て、今後の研究の方向性を示唆しています。
これからも、科学の進歩が私たちの生活を豊かにしていくことを期待しましょう。

2024年04月11日 16:02

カプサイシンが神経細胞に与える影響: DRGの研究から見える新たな可能性

神経科学の分野では、日々新たな発見がなされていますが、今回注目したいのはカプサイシンがドルソルートギャングリオン(DRG)に与える影響です。
カプサイシンは唐辛子に含まれる成分であり、痛みや温度の感覚に関与することが知られていますが、その作用機序について詳しく見ていきましょう。


カプサイシンの神経細胞に対する作用
DRGにカプサイシンを投与すると、神経細胞体に内向き電流が生じ、細胞は脱分極されます。
この現象は、カプサイシンが特定のイオンチャネルに結合し、その結果として陽イオンが非選択的に細胞内に流入するため発生します。
この流入により、細胞内のカルシウムイオン濃度が上昇し、さまざまな生理的反応が引き起こされます。


カルシウムイオンの役割とその影響
特に興味深いのは、カルシウムイオンが細胞内に取り込まれた後の挙動です。
大部分のカルシウムイオンはミトコンドリアに蓄えられ、これがさらに細胞内でのシグナル伝達を促進します。
カルシウムイオンは、cGMPなどのメッセンジャー分子のレベルを高め、細胞の反応を調整します。
これにより、神経成長因子(NGF)の存在下でのDRGの培養では、カプサイシンの効果が顕著になることが示されています。


カプサイシンとレジニフェラトキシンの比較
興味深いことに、カプサイシンの作用はレジニフェラトキシンによってさらに強化されることが分かっています。
レジニフェラトキシンはカプサイシンの強力な作動薬であり、はるかに低い濃度でイオンの透過性を高める能力を持っています。
これは、低体温症の治療など、医療分野での応用可能性を示唆しています。


結論
カプサイシンとそれに関連する化合物が神経細胞、特にDRGに与える影響は、痛みの管理や神経の修復など、様々な医療応用につながる可能性を秘めています。
この研究はまだ初期段階にありますが、将来的には新しい治療法の開発に貢献することが期待されます。
神経科学の進歩は、未来の医療にどのような影響を与えるのか、非常に楽しみです。

2024年04月11日 15:55

運動療法:痛みを乗り越え、筋力を取り戻す新たなアプローチ

運動療法は、運動器の痛みや機能障害に対して非常に効果的な治療法です。
この療法は、自動運動や他動運動、そして抵抗運動を含む多様なエクササイズにより、痛みの原因にアプローチします。

運動療法の基本理念

運動器の痛みはその発生源を特定しにくいものですが、アライメント(位置関係)の異常や筋力の低下が一因となっていることが多いです。
このような状態を改善するために、正常なアライメントの再獲得や筋力の維持・増強を目指す運動が行われます。

痛みの悪循環を断ち切る

痛みがあるからといって運動を避けると、さらなる不活動が新たな痛みを引き起こす原因となります。
運動療法は、このような悪循環を断ち切り、筋肉を適切に収縮させたり弛緩させたりすることで痛みを軽減します。

痛みの軽減だけではない効果

運動によりアライメントや筋力が必ずしも直接改善しなくても、疼痛が軽減されることは多くの場合で経験されています。
その作用機序はまだ完全には解明されていませんが、炎症性サイトカインの減少や抗炎症性サイトカインの増加など、体内でのポジティブな変化が一因と考えられています。

科学的根拠と未来への展望

実験的な変形性膝関節症モデル動物に対する研究では、持続的な関節可動域運動が炎症を抑制する効果をもたらすことが示されています。
また、炎症を有する軟骨細胞に対する張力刺激が炎症性サイトカインを減少させることも報告されており、これらの知見は運動療法の科学的根拠をさらに強固なものにしています。

運動療法は、痛みを軽減し、機能を改善し、患者さんの生活の質(QOL)を高める有効な方法です。
今後も研究が進むことで、より多くの人々がこの治療法の恩恵を受けられるようになることでしょう。

2024年04月06日 15:14

IB4陽性ニューロン: 痛みの伝達と治療の新たな道

痛みは、私たちの体が受けるダメージや異常を知らせる重要なシグナルです。
この痛みの感知と伝達には、多くの種類のニューロンが関与していますが、特にIB4陽性ニューロンはそのユニークな特性から、痛みの研究と治療において注目されています。本記事では、IB4陽性ニューロンの特徴とその生理学的意義、そして医療への応用可能性について探ります。

IB4陽性ニューロンとは

IB4(Isolectin B4)陽性ニューロンは、特定の植物由来のレクチンに反応する表面マーカーを持つ感覚ニューロンです。
これらのニューロンは、特に痛みや炎症の伝達に関与していることが示されています。
IB4陽性とは、これらの細胞がIB4染色によって識別できることを意味し、痛みの研究において重要な指標となっています。

痛みの伝達における役割

IB4陽性ニューロンは、痛みの伝達において中心的な役割を担います。
これらのニューロンは、特に慢性的な痛みの状態で活性化されやすく、痛みの感知とその持続に深く関与していることが研究によって明らかにされています。
そのため、IB4陽性ニューロンをターゲットとした治療法の開発は、慢性痛の管理に革命をもたらす可能性があります。

治療への応用

IB4陽性ニューロンの独特な性質を理解することは、痛みの治療法の開発に直結します。
例えば、これらのニューロンに特異的に作用する薬剤を開発することで、慢性痛を持つ患者の痛みをより効果的に管理することが可能になります。
また、IB4陽性ニューロンが関与する痛みの伝達経路の解明は、新しい鎮痛剤の開発につながるかもしれません。

今後の研究の方向性

IB4陽性ニューロンに関する研究はまだ始まったばかりであり、これらのニューロンが痛みの感知と伝達にどのように関与しているのかを完全に理解するには、さらなる研究が必要です。
今後の研究によって、IB4陽性ニューロンの正確な機能や、痛みの伝達におけるその役割が明らかになることで、より効果的な痛み治療法が開発されることが期待されます。

結論

IB4陽性ニューロンは、痛みの科学と治療において重要な役割を果たしています。
これらのニューロンの研究は、慢性痛のより良い理解と管理への道を開くことが期待されます。
痛みの伝達メカニズムの解明から新たな治療薬の開発に至るまで、IB4陽性ニューロンは医学研究の新たなフロンティアとなっています。
患者にとっての痛みの軽減は、生活の質の向上を意味するため、この分野の研究は非常に重要です。
今後、IB4陽性ニューロンに関する深い理解を基に、慢性痛を抱える人々の苦痛を和らげるための新しいアプローチが開発されることを期待しています。

2024年04月05日 17:03

謎の神経細胞: 7型侵害感覚ニューロンの秘密

侵害感覚ニューロンは、私たちの身体が危険を感知するための重要なシグナルを脳に送る役割を果たします。
中でも、7型ニューロンはその独特な特性から注目されています。
本記事では、この神秘的なニューロンの特徴と、その生理学的意義について探求します。

薬剤感受性と活性化機構

7型ニューロンはamilorideに敏感であり、H+で活性化されることが知られています。
これは、体内のpHバランスの変化に応答して活動することを示唆しています。
しかし、ATPやcapsaicinに対する感受性は比較的弱く、これらの化合物が豊富に存在する環境下でも、7型ニューロンの活性化は限定的である可能性があります。

高速脱感受性とIB4陽性の意義

独特な点として、このニューロンは非常に速く脱感受性を示します(平均255ms)。
この高速脱感受性は、短い刺激に対する迅速な反応を可能にし、継続的な刺激には鈍感になることで、体を守る役割を果たしていると考えられます。
また、IB4陽性であり、substance PやCGRP免疫反応を持つことから、炎症や痛みの伝達に関与していることが示唆されています。

機械的刺激に対する無反応性

7型ニューロンは機械的刺激には応答せず、通常は沈黙している(silent)状態にあります。
これは、このニューロンが特定の化学物質やpHの変化に特化していることを意味し、機械的なダメージには反応しない独特のセンサーとして機能している可能性があります。

長期後過分極電位の持続

また、後過分極電位の持続時間が極端に長い(110ms)ことも、7型ニューロンの顕著な特徴です。
この長い後過分極は、ニューロンが一度活性化されると、しばらくの間は再度の活性化が抑制されることを意味し、過剰な刺激から身体を保護するメカニズムの一部であると考えられます。

結論

7型侵害感覚ニューロンは、その高度に特化した感受性と迅速な脱感受性、特定の刺激に対する独特の反応パターンによって、痛みや炎症の感知、そして体の保護に重要な役割を果たしていることが明らかになりました。
これらの神経細胞の詳細な研究は、痛みの管理や治療に新たな道を開く可能性を秘めています。

2024年04月05日 16:56

06-6170-1022

大阪府吹田市山田西1丁目36番1号
第5旭栄ビル203B号

営業時間
9:00~21:00
定休日
不定休

店舗概要こちらから

Side Menu

モバイルサイト

スポーツ鍼灸マッサージ治療院 physical conditioning center ACTスマホサイトQRコード

physical conditioning center ACTモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!